« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月23日 (月)

春の渡り

 今年は、例年に比べて、10日から2週間くらい、季節の移ろいが、早いように思います。桜の開花もそうでした。地球温暖化の影響なのか、日本の四季が変化してきたように思われます。寒い冬と暑い夏、まるで、間の春と秋は飛ばされているみたいです。

 4月に始まる、春の渡りを見に河口へ行きましたが、まだこれからのようです。チュウシャクシギ3羽のみの観察となりました。カモの仲間とサギの仲間、ウなどを観察し、撤収しました。

 野鳥観察に奮闘されていた、ふうさんの訃報を知りました。数回フィールドでお会いし、名刺をいただいたことこともありました。いつも、野鳥に話しかけられていた、ふーさん。ご冥福をお祈りいたします。

Img_8375

Img_8381

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

春爛漫の2

 また寒の戻りが来るそうです。少し汗ばむような日を過ごしていると、えーという感じです。

Img_8286

Img_8298

Img_8311

Img_8340

Img_8345

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

春爛漫

 いろいろな花が咲き誇っています。桃の花、菜の花、チュウリップ、芥子の花、ラベンダー、まさに春爛漫です。

Img_8267

Img_8272

Img_8282

Img_8314

Img_8317

Img_8320

Img_8360

Img_8356

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 2日 (月)

堺のんびりクルーズ

 中世の堺は、北東南を内川と土居川、西は大阪湾によって囲まれた環濠都市として栄えました。今は阪神高速建設時にその一部がなくなり、堀で街を周回することはできません。その環濠をのんびりと巡る船の旅が南海堺駅の南側から出発する堺のんびりクルーズです。ガイドさんが堺の街のあれこれを話してくれます。南宗寺には、家康の墓があり、実は大坂夏の陣で勝利したのは、よく似た百姓を影武者にしたとかの言い伝え、寺には墓があり、三葉葵の御紋もあるそうです。言い伝え、伝承は、語り継がれてきた事柄で、記録、古文書などの証拠のない話も多いものです。真実は如何にでしょうか。

 土居川には、鯉のぼりつられていました。
Img_8142
 鯉のぼりと満開の桜。
Img_8159
 堺は幾たびか蘇ったというフェニックス通りの名前に因み、欄干にもフェニックスが意匠されていました。
Img_8161
 満開の桜。
Img_8170
 堺港の龍女神像、乙姫さん、頭の上に龍が載ってます。
Img_8177
 下の船が乗船したクルーズ船です。
Img_8202
 女神像と龍
Img_8195
 堺の木造の白灯台。
Img_8186
 企業の壁画、南蛮船。
Img_8189

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

高石神社御輿大修理

 高石神社御輿大修理完成奉告祭が行われ、御輿が高石神社氏子9地区をお披露目渡御しました。各地区が地車小屋を開け神輿の出迎えを行いました。午後から神輿を探して9区でやっと巡り合えました。大修理おめでとうございます。

Img_8226

Img_8225

Img_8240

Img_8248

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »