« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月29日 (日)

磯上町子どもふれあいフェスティバル

 磯上町子どもふれあいフェスティバル、お知らせをいただき、行ってきました。地元のスーパにだんじりを据えます。あと3ヶ月足らずでで9月祭礼。それまでにも、その後にも、いろいろ楽しみは続きます。
Img_3952
Img_3963
Img_3975
Img_3982
Img_4001
Img_4008_2
Img_3958


















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月26日 (木)

アオバズク

 前回2012年7月29日に訪れた時はひなの姿を見ることができました。泉州のアオバズクです。鳩くらいのサイズなので見つけるのに少々時間がかかりました。
さてどこにいるでしょうか。わかりますか。答えは最後に。
Img_3934_2
アオバズク
Img_3891_2
今年は1羽だけ見つけました。
Img_3924_2
1枚目写真、アオバズクは画面中央にいます。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

泉州の初夏

 干潟のシギ、チドリも姿が減りだしているかと思います。泉州の初夏、山桃が色づき出しました。
Img_3846
 オオバンのヒナが大きくなりました。
Img_3797_2
 オオバンの家族
Img_3862_2
 キアゲハの幼虫、ストライプ柄。ナミアゲハはオールグリーンです。
Img_3868_2
 カイツブリ、卵をひとつ抱いていました。
 
 
Img_3757_2
 そろそろ見納めなのかオオヨシキリ、鳴き声が少し変わっていました。
Img_3825_2













| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月21日 (土)

夏至

夏至、太陽の高さが1年のうちでもっとも高くなり、最も昼が長く、夜が短い日です。
夏至、6月21日ごろは、昼間が14時間50分、夜間は9時間25分くらいだそうです。冬至、12月22日ごろは、昼間が9時間45分、夜間が14時間15分くらいだとか。夏至と冬至、昼夜の時間差およそ5時間近くもあるんですね。
ラベンダー
Img_3651_2Img_3655
ヒバリ
Img_3668_2
ネムノキ
Img_3690
トケイソウ
Img_3648_3
ケリ
Img_3703_2








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月14日 (土)

カルガモの親子

カメムシの仲間、キマダラカメムシ。本来南方系の種類で九州以南でしか見られない種類だったそうですが、近年、関西あたりでも見られるようになっているそうです。
Img_3558_2
Img_3555_2

 アゲハ(ナミアゲハ)、キアゲハとよく似ています。前羽の付け根の模様で区別できます。
Img_3584_2
コアジサシ
Img_3588_2
Img_3592_2
 
カルガモの親子、かわいい雛が10羽。無事育ってほしいものです。
Img_3586_2
Img_3569_2






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

梅雨 紫陽花

 

平年は6月7日頃の梅雨入り、今年は 6月4日だったとか。梅雨明けの予想は、平年では7月21日頃だとか。愛菜ランドでは包近の桃が初出荷され、売り切れていました。紫陽花がきれいに咲き誇る季節、蜻蛉池の紫陽花の様子を見てきました。
 頂から見た紫陽花の様子。
Img_3503
きれいなブルーの紫陽花。
Img_3509
 ブルーとピンク
Img_3497
 ピンクのガクアジサイ。
Img_3535
 種類もたくさん、色もさまざま。
Img_3552
 帰りに逆光の中、翡翠を発見。
Img_3554_2











| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

水無月

 6月は梅雨時なのになぜ水無月というのでしょうか。諸説があるようです。梅雨で天の水がなくなる月。田植で水が必要になる月。水無月の「無」は「の」という意味の連体助詞「な」であり「水の月」であるとする説など。
スズメのヒナたちもおおきくなりました。
Img_3453_2
5羽のケリを見つけました。ケリのヒナも大きくなり無事巣立っているようです。写真は、親かヒナかわかりません。
Img_3476_2
こちらはケリの親だと思います。
Img_3457_2_2







| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »