« 八重山諸島その1 | トップページ | 八重山諸島その3 »

2013年1月10日 (木)

八重山諸島その2

 マングローブというは、松とか桜のような木の種類ではなく、汽水域に生える木の総称のようです。琉球王朝時代は漂木(ひるぎ)と呼んだそうです。海側からヒルギダマシ、ハマザクロ、ヤエヤマヒルギなどが塩分濃度の高いところ、メヒルギ、オヒルギ、サキシマスオウノキなどが陸部の方と住み分けがあるそうです。
Dscn3197
マングローブ群
Dscn3207ts
オキナワハクセンシオマネキ
Img_0608
ヘタナリ(25mm)、キバウミニナ(100mm)
Dscn3244ts
ライファー119、アオアシシギ。



|

« 八重山諸島その1 | トップページ | 八重山諸島その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174656/56513192

この記事へのトラックバック一覧です: 八重山諸島その2:

« 八重山諸島その1 | トップページ | 八重山諸島その3 »