« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月30日 (水)

水辺の野鳥

 在庫から水辺の野鳥たち。
ハシヒロガモ
Img_1516ts Img_1566ts Img_1511ts Img_1513ts

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月28日 (月)

里山の野鳥4

 里山の野鳥というより田園地帯の野鳥です。
ケリ
Img_1116ts
同じくケリ
Img_1112ts
カシラダカ
Dsc_6533ts
こちらもカシラダカ
Img_1371ts
これはビンズイでしょうか。
Img_1384ts
最後は、ツグミ。
Img_1431ts      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月26日 (土)

梅の花とツグミ

 再び寒さが厳しくなり、今月中この寒さが続くようです。梅林では、ほとんどのつぼみがまだまだ固いようすでしたが、早咲きの梅が、ちらほら咲いていました。
Img_2602ts
水仙もまだこれからのようです。
Img_2609s
ツグミが1羽いました。
Img_2620ts   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月18日 (金)

里山の野鳥その3

 里山の野鳥その3。
シメ
Img_2322ts
イカル
Img_1360ts
ジョウビタキ(メス)
Img_1662ts
ルリビタキ(若オス)
Img_1362ts
ライファー125、アカウソ、オス1羽とメスが2羽。
Dsc_6770ts
アカウソ(オス)
Img_2386ts      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月17日 (木)

八重山諸島その4

 石垣島、竹富島、小浜島、西表島、由布島を回った八重山諸島の旅、今回が最後です。沖縄の方言で「いらっしゃい」というのは、メンソーレですが、石垣島では、「オーリトーリ」といいます。島によって方言が違うようです。川平湾、海の色が最高でした。
Img_0807
ウミヘビ
Img_0783
いたるところで見かけるクワズイモ。
Img_0748
沖縄のお墓、でっかい。
Img_0498
外来種ですが、ライファー124、野生化したインドクジャクを3羽、目撃しました。
Img_0504
シーサー。   
Img_0812
いたるところで見かけます。
Img_0750   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月16日 (水)

里山の野鳥その2

 里山の野鳥、続きです。
シロハラ
Dsc_6424ts_2
アカハラでしょうか。ライファー123です。
Img_1337ts
ヤマガラ
Img_1633ts
ベニマシコ(メス)
Img_1650ts
ジョウビタキ(メス)
Img_1666ts

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

里山の野鳥

 久しぶりの里山の野鳥たち、目的の鳥にはなかなか出会えません。時間をかけて出会いを待つしかないです。チャンスを待ちましょう。
メジロ、リュウキュウメジロと色合いがかなり違います。
Dsc_6707ts
ルリビタキ(メス)
Img_2312ts
ルリビタキ(オス)、まだ若鳥ですが、幸せの青い鳥です。
Dsc_6480ts
ジョウビタキ(メス)
Dsc_6512ts
ジョウビタキ(オス)
Img_1347ts

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

道之町地車展示

 1923年桜井義國作の道之町だんじり展示があり、大勢の人が集まっていました。嫁ぎ先を募集しています。
Img_2172

Img_2040
三手先八段の枡組
Img_2163
正面土呂幕、福島正則の勇戦。

Img_2099

Img_2137

Img_2181

Img_2157
正面枡合、天岩戸。

Img_2288

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月12日 (土)

八重山諸島その3

Dscn3270
 オヒルギの胎生芽、マングローブの赤ちゃんです。

Img_0717ts
 ミナミスナガニ

Img_0469s
 ライファー120、リュウキュウメジロ。少し小型で脇腹が灰色。

Img_0670
 ライファー121、オサハシブトガラス。かなり小型のカラス。

Img_0576ts
 ライファー122、リュウキュウツバメ。
 リュウキュウアカショウビンのような、この地域のめずらしい野鳥が撮影できれるかもと期待しましたが、なかなかそうはいきませんでした。カンムリワシ、ムラサキサギ、シロハラクイナはなんとか見かけましたが、ノーフォトでした。

Img_0612
 由布島の水牛、ゆったりとした時間です。


Img_0691

Img_0730
 イリオモテヤマネコは夜にならないとなかなかお目にかかれないようです。
 天然記念物なので剥製ではありません。模型で雰囲気だけでも。

Img_0694
 
Img_0699  
 泡盛、オリオンビール、さんぴん茶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月10日 (木)

八重山諸島その2

 マングローブというは、松とか桜のような木の種類ではなく、汽水域に生える木の総称のようです。琉球王朝時代は漂木(ひるぎ)と呼んだそうです。海側からヒルギダマシ、ハマザクロ、ヤエヤマヒルギなどが塩分濃度の高いところ、メヒルギ、オヒルギ、サキシマスオウノキなどが陸部の方と住み分けがあるそうです。
Dscn3197
マングローブ群
Dscn3207ts
オキナワハクセンシオマネキ
Img_0608
ヘタナリ(25mm)、キバウミニナ(100mm)
Dscn3244ts
ライファー119、アオアシシギ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

八重山諸島その1

 八重山諸島に行ってきました。日本はすべて東経135度の明石を標準時間として使っています。そのため、台湾が西に見える八重山では、日の出、日没が45分程度遅れ、大阪より日没が遅い、朝はなかなか陽が昇らないという違和感を感じます。地球は一日一回転、360度を24時間でまわり、1度回るのに4分かかりますので、経度1度で時差が4分ということになります。そのため八重山では約45分の時差が生じ、こんなことになるようです。また、日本全体で考えるとプラスマイナス2時間ほどの時差が生じているようです。驚いたことは、年間平均気温23.3度、亜熱帯の気候ですが、最高気温は33度程度で、本州のように40度になることはないようです。今回は、石垣島、竹富島、小浜島、西表島、由布島を回ってきました。気候も人も暖かいのが何よりでした。
Img_0460
シーサー
Img_0463
竹富島の町並み
Img_0482
竹富島水牛
Img_0461
バナナ
Img_0436
アダン
Img_0647s
オオゴマダラ
Img_0650s
オオゴマダラと黄金のサナギ
Img_0673
リュウキュウアサギマダラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
Imgp1941
コウノトリ
Img_1173ts

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »