« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月30日 (木)

二の丸公園

 岸和田城二の丸公園、猿の檻が移設されきれいに整備されました。小さな鐘楼を模した時計台とイタリアンレストランができています。店内には、岸和田の物産コーナーもあり、ミニだんじりも並んでいました。最後の写真は、某所で見かけた、かつて曳行されていたと思われる花車です。携帯の設定が待ち受けサイズになっていたのでごくごく小さな写真になってしまいました。いよいよ岸和田祭りが始まります。
P1000408 P1000407 P1000404 P1000405 P1000406 P1000411

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年8月28日 (火)

レッドリスト改訂

 環境省が絶滅のおそれがある野生生物をまとめている「レッドリスト」を改訂しました。四国で生息が長い間未確認のため、国の特別天然記念物ニホンカワウソが絶滅(EX)と指定されました。どこかでまだひっそりと生き延びていることを期待しています。
 鳥類では、絶滅(EX)は14種。トキは、佐渡での繁殖放鳥から、そのヒナがかえったことがTVで放映されていましたが、野生絶滅(EW)のままでした。絶滅危惧ⅠA類(CR)は、コウノトリ、シマフクロウをはじめ、23種類。絶滅危惧ⅠB類(EN)は、ライチョウ、ブッポウソウなど31種類。絶滅危惧Ⅱ類(VU)は、アホウドリ、トモエガモ、サシバ、ハヤブサ、タンチョウ、シロチドリ、ヨシゴイ、チュウサギ、ミサゴ、ハマシギなど64種類。この絶滅危惧Ⅱ類あたりから、泉州でも見られる野鳥の名前がでてきます。
 この鳥は、まだよく見かけますが、埋め立てのため、干潟が減少したためでしょうか。1枚目、コチドリ。2枚目、シロチドリ、絶滅危惧Ⅱ類(VU)です。しかし、ソリハシシギ(3~5枚)の方が見かけないように思うのですが。
Dsc_2312ts Dsc_1998
Dsc_1963 Dsc_2041 Dsc_2042
 ちょっとシギ類の識別に自信がありませんが、ライファー112番目、オバシギです。
Dsc_2152 Dsc_2231ts Dsc_2138

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月25日 (土)

青い赤とんぼ

 青い赤とんぼというのがいてるようで、ナニワトンボというそうです。子どもの頃、昆虫をよく捕まえていましたが、シオカラトンボで尾の部分が黒くないトンボを見た記憶があります。これがそうだったのかもしれません。シオカラトンボのオスは、目玉と尾が黒色をしています。青い赤とんぼといわれるナニワトンボは目玉も尾も青灰色です。また赤とんぼは、若いころ黄色味が強く、成熟すると赤色味が増してきます。青色、黒色になるものもあるようです。水辺でトンボを見かけたら注意してみようと思います。よく見かけるのは9月から10月終わりにかけてのようです。写真を見たい人は、青い赤とんぼかナニワトンボで検索してみてください。
 写真は、記事と無縁のセッカとイソヒヨドリ、そしてチョウトンボです。
Dsc_1931 Dsc_1942 Dsc_1943 Dsc_2204 Dsc_1750ts Dsc_1453

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月19日 (日)

大工町新調入魂式

 岸和田旧市大工町の新調だんじり入魂式です。古風な様式を斬新に仕上げたような印象を受けました。まず驚いたのが獅子でない木鼻。続いて松良受が獅子に見える波濤。見送りの犬高欄が一体になっているし、大脇は柱に龍が巻き付いていました。脇障子も懐かしい印象です。新調だんじりいろいろ楽しませてくれます。無事の入魂式おめでとうございます。
Dscn9667 Dscn9671 Dscn9652 Dscn9662 Dscn9689 Dscn9697 Dscn9710 Dscn9723 Dscn9729

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月17日 (金)

いつもの池のバトル

 いつもの池で白鳥気分のアオサギさんがカイツブリの巣のそばにいました。そこにアナザーアオサギさんがやってきて、静かな池のカイツブリの巣で事件が起こりました。アオサギ同士のバトルのあと、白鳥気分さんは勝ち誇ったようにしています。しかし、カイツブリは水をかけて必死に抗議を続けていました。カイツブリにとって迷惑なバトルでした。
Dsc_1871ts Dsc_1875ts Dsc_1879ts Dsc_1880ts Dsc_1882ts Dsc_1884ts Dsc_1900ts Dsc_1307 Dsc_1318

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月14日 (火)

舟渡池公園

 旧南河内郡美原町は、2005年2月1日編入合併し、2006年4月1日に、堺市が政令指定都市に移行しましたので、堺市を構成する7行政区のひとつ、美原区となりました。ここは、元河内で今は泉州なのでしょうか。そんなことは、さておいて、美原の地名の由来は、平尾村、黒山村、丹南村の三つの村に美しい平坦な野(原)が広がっていたことから「三原」となり、それを「美原」としたそうです。
 美原区にある舟渡池(ふなといけ)公園は昭和57年に開園。園内には遊具施設や遊歩道などがあり、隣接の平尾西公園にはバーベキュー施設もあります。数多くの野鳥が生息していることから一年を通じてバードウォッチングができるようです。鳥見台も設置されていました。舟渡池公園です。
Dscn9620 Dscn9614 Dscn9615 Dscn9617 Dscn9622 Dscn9627

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月11日 (土)

アマサギ

 田植えの始まる頃からアマサギを探していましたが、見かけるのは白と青のサギばかり、なかなか亜麻色のサギは見つけることができませんでしたが、やっと見つけることができました。その場所に先客がお一人。お話をうかがうと「ふーさんの野鳥と旅」というブロガーさんでした。ブログを毎日更新されています。そのときの様子が、載っていました。「・・・カメラ持った人来たな、ふーさんと話してるから安心や、エサ取りに集中や」「ふーさん、もう帰るんか、大きな声で私達に帰るぜ言うから、鳥友さんビックリしてるやん、頭おかしいと思われてるかも?分度器池へも行ったんか、2時間経ってるか」などでした。いろいろ教えていただき、ありがとうございました。巡回場所でまたお目にかかるかもしれません。ライファー111番目、アマサギです。
Dsc_1698ts Dsc_1686ts Dsc_1629ts Dsc_1606ts Dsc_1677ts Dsc_1680ts
 お話の中で「カラシサギ」が私のよくいく場所にいるそうです。なんか気になるけど個体差かなと思っていたサギのことなのでしょうか。また注意して見てみましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月 8日 (水)

8月7日が立秋

 今年は8月7日が立秋でした。朝夕が涼しくなり、秋の気配が立つ日だそうです。この日から立冬の前日までが秋とされているそうです。なるほど、今朝は寒く、夜も涼しくなってきています。また、この日から、暑中見舞いから残暑見舞いに変わり、残暑が厳しくても、出すのは8月末までだそうです。
 日中は、まだまだ残暑が厳しく、1年で最も気温が高くなり、夏のレジャーを楽しむころですが、夏の風と秋の涼やかな風が混在し始めています。秋の始まりです。
Dscn9295 Dscn9290 Dscn9296
強い日差しの中、ヒマワリとハスの花が元気に咲いています。
Dsc_1457 Dsc_1442 Dsc_1447
イソヒヨドリがクマゼミを食べていました。
Dsc_1461ts Dsc_1471ts Dsc_1473ts

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

大北町新調地車入魂式

 今朝は、寝坊してはいけないと思いつつ就寝しましたが、あまりにも早く起きたので、また一眠り。これで間に合うかと思う時間に目覚めましたが(モーニングコールもありました)、やっぱり遅刻。現地に到着すれば、すでに宮入状態。岸和田旧市大北町の新調だんじり入魂式です。
Dscn9344 Dscn9339 Dscn9352
旧市のだんじりがたくさん出ていて、あたかも岸和田祭りのような入魂式でした。
Dscn9303 Dscn9370 Dscn9380 Dscn9382 Dscn9387 Dscn9396
 番持ちのお多福もより美人になり、瓢箪の意匠があちこちに見受けら、欄干の十二支も繊細でみごとな彫刻のすばらしいだんじりでした。カメ(玄武)、イルカとナマズ?の彫刻も見受けました。半松良は虎なのでしょうか。風神、雷神なのでしょうか。無事の入魂式おめでとうございます。
Dscn9420 Dscn9450 Dscn9464 Dscn9470 Dscn9462 Dscn9511 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »