« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月27日 (日)

春の訪れ

 明日からお天気が崩れるようですが、これから一雨毎に、暖かくなり、いよいよ桜の開花も間近になってきました。また、立春後の寒さを余寒、桜の頃の一時的な冷え込みを花冷え、梅雨時の季節はずれの寒さを梅雨寒というそうです。季節の移ろいをうまく表していると思います。リサイクル公園では、梅がきれいに咲き、見頃となっています。いよいよ春ですね。
Dscn6929 Dscn6912 Dscn6938 Dscn6961 Dscn6895 Dscn6906 Dscn6902 Dscn6955 Dscn6916

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

みなと堺グリーン広場と久米田池

 堺市石津川河口の堺第7-3区埋立地、以前から気になっていた「みなと堺グリーン広場」、たまにイベント開催などで使用されているようです。そういえば、泉大津の埋立地もそんな感じで、普段は入れません。ここもまだ風車のあるエリアも含めて立ち入り禁止になっています。一般に入れるのは、手前南部分の広場と野球場(軟式4面、硬式2面)部分。今春にはソフトボール場も完成し、その後、テニスコートも整備に入るそうです。
 また、ここには、チュウヒ(体長50~60センチのタカ、環境省レッドリスト絶滅危惧IB類)が生息しているそうです。現地を鳥獣保護区に指定し、草原や湿地を保全すべきだという運動もあるようです。
写真は、現地グリーン広場の風車です。
Dsc_0018
 また、久しぶりに久米田池に行くと水が入っていました。去年、野鳥撮影を始めたのもちょうどこの頃でした。となりの池では、防鳥網にからまったゴイサギが2羽。1羽はすでに息絶え、もう1羽は救いを求めるように目線を向けてもがいていました。久米田池でもバンなどが網にからまっていたのを見たことがあります。
 野鳥捕獲用のかすみ網は使用禁止なのですが、防鳥網としては、用途の違いからか使われています。少し複雑な気持ちです。なんとかならないのでしょうか。
合掌。
Dscn6996 Dscn7026 Dscn7022_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

泉州の青い鳥

 マラソンの終わったあと、前回カワセミを見かけた貝塚の川に行って来ました。距離がかなりありましたが、すぐ青い鳥を発見。しばらく飛び込みなどを期待しましたが、飛んで行ってしまいました。鳴き声の方を探し、今度は少し近い距離で発見、でもすぐにどこかに行ってしまいました。下流に行くとケリ、カルガモ、ヒドリガモ、コガモ、コサギ、アオジ、ツグミ、ムクドリなどの姿がありました。私のカメラワークでは到底追いかけられないスピードで、バトルなのか求愛なのか、2羽のカワセミが鳴きながら飛んできて、藪の方へ姿を消しました。まだ鳴き声は聞こえていましたが、とうとう見つけられませんでした。前日に1羽、この日は3羽の青い鳥に出会いました。これまで何度も訪れていたポイントなんですが、これまでまったく見つけることができなかったのが今思うと不思議です。
Dsc_0008ts Dsc_0023ts_2
Dsc_0038ts Dsc_0072ts Dsc_0053ts

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

泉州国際マラソン

 関空開港から泉州地域の活性化をめざし地元9市4町が一つになってフルマラソン大会を開催し、今年で第18回となります泉州国際マラソンが2月20日開催されました。泉州のだんじりも毎回声援を送っています。今年も高石ともやさんは元気に走っていました。今回、知人4名がエントリーしましたので応援に熱が入りました。2名は結構上位に入りましたが、マラソン初挑戦者にとって、マラソンはあまくないぞという結果をしめされました。でも大健闘だと思います。私はマラソンなんて、きっぱりムリと言い切れます。去年も言ったかな。
Dscn6768 Dscn6813 Dscn6842 Dscn6807 Dscn6806 Dscn6826

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

ベニマシコとイカルなど

 ベニマシコとミヤマホウジロを求めて朝から堺方面に出かけましたが、今日もミヤマホウジロには出会えませんでした。しかし、この場所で初めてカワセミに出会いました。目が合ってしまい残念ながら一瞬で飛び去ってしまいノーフォトです。別の公園でイカルも撮影出来ました。写真は、すべてノートリミングでベニマシコ、キセキレイ、メジロ、ヒヨドリ、イカル、ハクセキレイです。他に見かけた野鳥は、カワセミ、エナガ、シジュウカラ、ヤマガラ、アオジ、ルリビタキ、シロハラ、ムクドリ、キジバト、ハシボソガラス。
Dsc_0079s Dsc_0101s Dsc_0118s Dsc_0021s Dsc_0061s Dsc_0033s Dsc_0145s_2 Dsc_0200s Dsc_0277s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉢ヶ峰の法道寺

 鉢ヶ峰にある法道寺は、白鳳時代(670)に法道仙人により創建されたそうで、境内に重要文化財の食堂(じきどう)と多宝塔があります。食堂(僧侶が法会のさいに食事などを行った場所)は、鎌倉時代の終わりに建てられたもので、現存する食堂は、全国的にもまれなようです。(写真2枚目、右建物が食堂。3枚目左が多宝塔、右が食堂。)多宝塔は、南北朝時代の建物だそうで、屋根の垂木の配置が入母屋だんじりの大屋根・小屋根の垂木の配置のように、上層は扇状に開いていて、肘木に鯱の彫り物があります(5枚目の写真ではわかりにくいかもしれません)。下層は、平行に並んでいて邪鬼の彫刻(6枚目)があります。先端の相輪は江戸時代のものだそうです。いろいろな時代につくられたものが見られる歴史のあるお寺です。
Dsc01160s Dsc01181s Dsc01159s Dsc01182s Dsc01184s Dsc01186s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

ケリとシギ

 ケリとシギは、関空の見える河口でよく見かけましたが、町中の田んぼでのケリは初めてでした。赤い眼のちょっと大きめの鳥です。シギの見分けはまだよくわからない分野ですが、これはイソシギだと思います。飛ぶ姿の翼の白い帯が印象的です。以前関空の見える河口で撮影しました。
Dsc_0122s Dsc_0116s Dscn6706ts Dscn6698ts Dscn6708ts Dscn6720ts

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

泉州の水辺の野鳥

 泉州には、秋から冬にかけてたくさんのカモが飛来します。今期これまで撮影した泉州の水辺の野鳥の中から、よく見かけるホシハジロやヒドリガモです。
Dsc_0132s Dsc_0070 Dsc_0001ts Dsc_0002ts Dsc_0129s Dsc_0007s Dsc_0015s Dsc_0032s Dsc_0184s
 続いて、これも大きな池や河口、港湾などでよく眼にする野鳥、ユリカモメです。
Dsc_0011 Dsc_0051 Dsc_0154s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

堺自然ふれあいの森

 訪れるバーダーが多く、周囲に懐かしい里山風景がひろがる鉢ヶ峰にある堺自然ふれあいの森です。
Dsc01136 Dsc01127 Dsc01131
 今回はベニマシコとミヤマホオオジロを求めて山を一回りしました。人なつっこいエナガの撮影中に奈良から来たという2人連れがやってきました。山から下りたときにカメラを向けていた方々でした。そこはある時間にミヤマが来るというポイントだそうでした。しばらく一緒に川沿いまわり、ベニマシコやルリビタキを撮影した後、私は、一足先にそのポイントにもどりました。
Dsc_0164s Dsc_0175s Dsc_0182s Dsc_0244ts Dsc_0246ts Dsc_0073ts
 次に再会したとき、あのあと川沿いで撮ったというミヤマの写真を見せて頂きました。なんと残念、私の写真は微妙な、なぞの写真です。では初見の鳥81番目、ベニマシコです。
Dsc_0076ts Dsc_0077ts Dsc_0200ts
 続いてアオジ2枚とミヤマホオジロかなと思える後ろ姿の謎の鳥です。比較してみてください。1枚目2枚目アオジですが、別個体で色合いに少し個体差があります。当日のバーダーさんの意見では「胸の黄色からミヤマだろう、メスかもしれない」とのことでした。謎の鳥は頭がカシラダカのようにとがっていて、顔の色合いはアオジと異なるように見え、ミヤマホオジロぽいのですが、初見の鳥82番目としてはツクシガモと同様、保留にします。たぶんアオジだと思われます。
Dsc_0090ts Dsc_0171ts
Dsc_0238ts Dsc_0240ts

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

大阪南港野鳥園

 今日は雪の中、南港であった結婚式のついでに南港野鳥園に寄ってきました。カメラのバッテリーは途中で交換するつもりでいたので、昨夜、カメラ内のバッテリーは充電しませんでした。ところが朝、雪の写真を撮っていて時間がなくなり、あわてて家を出たので予備バッテリーを忘れてしまいました。結婚式、披露宴は、なんとか撮影ができましたが、野鳥園に行って何枚か写すと無念のバッテリー切れ。園の方にフィールドスコープでハヤブサとシノリガモを観察させてもらいました。野鳥との距離は、半端な距離ではありません。この距離はデジスコの世界です。ついでに携帯で簡易デジスコの実験もしてみました。最後のケラレのきつい写真がスワロフスキー+携帯での簡易デジスコ写真です。円のなかにツクシガモが写っているはず??です。なんとなくなので81番目の初見鳥とはしません。携帯が望遠にできればもう少しケラレのないものになっていたかもしれません。他の写真の野鳥は、オナガガモとジョウビタキ♀です。この野鳥園で撮影するには、午後は逆光になるので午前中の方がいいとのことでした。釣り禁止のため外周をまわれなくされているのが残念でした。
P1000048 P1000054 P1000055 P1000057 Dscn6663_2 Dscn6676 Dscn6691 Dscn6674 P1000049

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セキレイ3種と青い鳥

 寒の戻りでしょうか、今朝は白銀の世界がひろがっています。
Dscn6517s Dscn6526 Dscn6518
先週、堺の公園で、白、黒、黄色のセキレイ3種、ハクセキレイ、セグロセキレイ、キセキレイを撮影することできました。
Dsc_0181ts Dsc_0187ts Dsc_0178ts
 公園の青い鳥は、飛び込みを見せてくれましたが、今回も写せませんでした。
Dsc_0132ts Dsc_0135ts Dsc_0151ts
 こちらの写真は、貝塚の川での初撮影です。ピーという鳴き声で飛んできたのがわかりましたが、どこにいるのかなかなか見つかりませんでした。距離がありましたが、泉州のカワセミ5カ所目の撮影ポイントになりました。
Dsc_0511s Dsc_0528ts Dsc_0448ts

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

泉州の野鳥いろいろパート2

 野鳥の撮影を始めてもう少しで1年になります。1年前の写真を振り返ると、野鳥の識別も撮影も思うようにいかないころで、望遠レンズは200mmでした。だんだん長い望遠レンズがほしくなってきた頃でもありました。他のバーダーさんのブログ写真を見ているとすごいですね。経験不足、修行不足を実感します。泉州の野鳥いろいろパート2です。シロハラ、シメ、マヒワと紅梅です。キジ、レンジャク、マシコには、まだ出会えていません。これからの楽しみです。
Dsc_0039ts Dsc_0029s Dsc_0005s Dsc_0001s Dsc_0208ts Dsc_0242ts Dsc_0297ts Dsc_0017ts Dsc_0369s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

大阪城の梅とジョウビタキ

 大阪城の梅、まだまだこれからが楽しみです。梅林でジョウビタキが人の多い中サービスして出迎えてくれました。
Dscn6428ts Dscn6425ts Dscn6408ts Dsc_0018ts Dscn6426ts Dsc_0051s
トラツグミとモズも歓迎してくれました。
Dsc_0110s Dsc_0208ts
 最後は、我が家のお客様、ジョウビタキのメスのように思います。山吹色の尾羽がきれいな鳥です。コンデジで撮影しました。
Dscn6502s Dscn6505

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

住吉大社

 南海本線住吉大社駅を降りると、西に住吉公園、東に住吉大社があります。住吉公園は、明治6年に開設され、大阪でもっとも古い公園だそうです。公園中央部を通る潮掛道はかつての住吉大社の参道で、春は桜祭り、夏は隣接する住吉大社の住吉祭り、お正月には大社への初詣で1年中にぎわいます。公園内には、心字池、花と水の広場や芭蕉の句碑などがあります。高灯篭は、鎌倉時代末期に住吉大社への献灯として建てられた日本最古の灯台です。住吉大社は海の神様、当時の海岸線はこの辺りだったのでしょうか。現在の灯台は昭和49年に復元されたものです。
Dscn6440s Dscn6437s

住吉大社は、大阪では「すみよっさん」と呼ばれ親しまれています。大晦日からお正月には、毎年200万人を超す参拝客でにぎわいます。御田植神事や夏越祓神事など昔からの儀式が続けられ、初辰まいりは、大阪だけでなく全国各地から訪れるそうです。また四角柱の角鳥居 (かくとりい) は、古い様式では大変珍しいものだそうで、その鳥居をくぐると川端康成の小説にも登場したという太鼓橋 (たいこばし)があります。
Dscn6445s Dscn6446s Dscn6448s Dscn6452s
 本殿は全て
1810(文化7)に造られ、第一本宮から第四本宮まで国宝建造物に指定されています。境内には、樹齢800年、1000年といった大楠がいくつかあります。
Dscn6459s Dscn6469s Dscn6471s Dscn6472s Dscn6475s

 住吉大社には、五大力石、おもかる石というものがあります。五大力石は、囲いの中にあるたくさんの小石から「五」「大」「力」と書かれた小石を探して3つの石が揃うと「寿(命)力」「福力」「体力」「智力」「運力」の5つの力が授かるというもので願いが叶うまでお守りにするそうです。(写真はありません)

 おもかる石は、住吉大社の「おいとしぼし社」にあり、願い事を祈念しながら、おもかる石を持ち上げ、1度目より2度目持ち上げたとき、石を軽く感じれば願いが叶い、重く感じれば叶わないといわれている不思議な試し石です。お試し方法は、最後の写真に詳しく書かれています。
Dscn6487s Dscn6488s 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

泉州の野鳥3種

 先週はいろいろあって、時間がとれず、隙間を見つけてフィールドに出てみましたが、短い時間の中では、なかなか初見の野鳥にであえません。いつもの500mmは重いので、300mm×1.4を試してみました。500mm×1.4はMF撮影でしたが、300mmはAF撮影が可能なので、結構いいかもと思いました。結果は、チャンスに弱く、いつものようにブレとボケの大量生産です。これまで撮影した野鳥のなかからヤマガラ2枚とルリビタキ♀5枚、コゲラ2枚です。
Dsc_0026ts Dsc_0045ts Dsc_0040ts Dsc_0198ts Dsc_0173ts Dsc_0019ts Dsc_0210ts Dsc_0082s Dsc_0058s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »