« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月30日 (木)

久しぶりの碧い鳥

 車で移動中に泉大津でハヤブサを目撃しました。グレーぽいかんじだったので、たぶんキララくんかと思います。運転中だったので写真は撮れませんでした。
 久しぶりの碧い鳥との再会です。今回の写真は、シロハラ、ツグミ、モズ、アオジ、マヒワ、シジュウカラ、アトリ(初見70番目)。最後はカワセミです。ダイビングとホバリングも見せてくれましたが、ノーフォトです。飛び物はピントが合わないのでAFよりMFのほうがいいのかもしれません。みなさんどうしてたのでしょうか。オオタカの飛翔も一瞬だけ見ることができました。
Dsc_0293 Dsc_0246 Dsc_0267_2 Dsc_0058_2 Dsc_0261 Dsc_0026 Dsc_0064 Dsc_0272 Dsc_0284 Dsc_0120 Dsc_0126 Dsc_0192

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれこれの旅国内編 最北の旅

 今回は日本の最北端、宗谷岬に行ってきました。冬の北海道はマイナス温度の環境で、-9~13度でした。雪がさらさらで手で握っても雪合戦は、むずかしという状態の北海道ですが、きりっとした空気もいいものです。最低気温の記録はマイナス40何度とかだそうです。北海道は面積が広い。道は定規で線を引いてつくったので直線が続くところが多いみたいです。おいしいものもたくさんありました。では最北端到達証明書です。
2 
岬に行くまでの海岸線でみた野鳥です。泉州の野鳥の鳥見66番目、オオセグロカモメです。
Dscn5931s Dsc_0019s Dsc_0020s
続いて67番目オオワシです。色の黒いのはオジロワシではなくオオワシの幼鳥と思います。
Dscn5962s Dscn5967s Dscn5971s Dscn5974s Dscn5973s Dscn5975s Dscn5979s_4 Dscn5980s
次に不鮮明ですが、たぶん68番目の野鳥、ビロードキンクロと思います。
Dscn5955s
続いてコハクチョウ、69番目の野鳥です。ものすごい数です。手前で黒く写っている大部分は、オナガガモです。一部マガモも混ざっていました。野鳥ではありませんが、港にはゴマアザラシがいました。
Dscn6038s Dsc_0056s Dsc_0015s
最後は、北海道の景色と旭山動物園のキタキツネ、タヌキ、ヒグマ(寝ています)、エゾジカ、オオワシ、オジロワシです。
Dscn6088s Dscn6161s Dscn6187s Dscn6188s Dscn6237s Dscn6260s Dscn6264s Dscn6270s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

泉州の野鳥65番目おしどり

   おしどりです。距離的にもう少し前に出ていれば、射程距離だったと思うのですが、デジスコの守備範囲かなと微妙な距離でした。しかしきれいな鳥です。泉州の野鳥65番目の鳥はおしどりです。
Dsc_0029_2 Dsc_0054 Dsc_0058 Dsc_0062  Dsc_0071Dsc_0101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

双子座流星群

 三大流星群のひとつ、ふたご座流星群。たくさんの流星が出現し、初心者にもおすすめとのことです。今年は12月14日午後8時ごろのピーク予想、月が沈んだ深夜が観望のャンスということでした。14日午後10時頃に明るくて長い流れ星を続けて2つ見ました。今年はチャンスと思い11頃からカメラをスタンバイしましたが、カメラを向けていない方向に星が流れます。10個ほどきれいなのを目視しましたが、写真に撮るむずかしさと寒さを実感した夜でした。数は減りますが、まだお天気次第で見られるようです。
 そしてこの冬、もうひとつの天文ショー、12月21日、皆既月食があります。明るい頃から欠けていくようですが、幻想的な赤く色づいた満月が観測できます。防寒対策をして見たいと思います。
 今回も良い写真は撮れませんでした。とりあえず雲かぶりのオリオン座となんとか写った右上の傷のような小さな流れ星です。(撮影は12月14日深夜)目でみたのはもっときれいな長い光跡の明るい流れ星でした。
Dsc_0148 Dsc_0096

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

泉州の野鳥64番目、ミコアイサ

 64番目は、パンダ模様のミコアイサです。距離があるのでデジスコの守備範囲です。今の機材では無理です。1枚目にオスが2羽とメスが4羽。ホシハジロが5羽写っています。2枚目にはオス4羽、メス1羽、ホシハジロ1羽。あちこちうろついてコガモ、ヒドリガモ、ハシビロガモ、カルガモなど見ることが出来ました。近い距離にデジ一、遠い距離はデジスコと使い分けが必要なようです。
Dsc_0009 Dsc_0028 Dsc_0076 Dsc_0068 Dsc_0095 Dsc_0053 Dsc_0055 Dsc_0058 Dsc_0097

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

泉州の古墳群、そして狸

 泉州の古墳、古い歴史のある泉州を今日は仁徳天皇陵、履中天皇陵、御廟山古墳、いたすけ古墳あといくつかの小さな塚のような古墳も見てきました。目的は別にあったのですが、空振りに終わりました。それはまたの機会にチャレンジしたいと思います。
仁徳天皇陵と落葉、銅亀山古墳です。世界最大の仁徳天皇陵の周囲は2850mもありました。ちょっと疲れました。
Dsc01034 Dsc01042 Dsc01045
履中天皇陵、こちらが目的のあった御陵でしたが、空振りでした。
Dsc01024 Dsc01029
御廟山古墳、工事中でした。堀も浅く、カモの姿もありませんでした。
Dsc01049
いたすけ古墳、こちらではコガモとマガモ、カルガモに対面しました。
Dsc01054
最後は古墳の狸です。
Dsc_0052s Dsc_0097s Dsc_0077s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月)

ホシゴイとゴイサギ、63番目イソヒヨドリ

 ホシゴイとゴイサギ、ゴイサギの幼鳥と成鳥です。8月9日に飛んでいるところを一度紹介しました。今回は、羽の手入れに余念がなく、なかなか顔をあげてくれませんでした。この日は、成鳥1羽と若鳥2羽を見ることが出来ました。
Dsc_0070s Dsc_0054s
 63番目の野鳥、イソヒヨドリです。メスのようです。以前撮影した写りの悪いオスも一緒に載せておきます。また良いのが撮れればと思います。
Dsc_0146s Dsc_0151s Dscn5509s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

久しぶりの鳥

 昨日の天候とうって変わっての上天気の今日、久しぶりのアオジとカワセミを見ました。そして62番目初見の野鳥マヒワです。カワセミ情報をいただき貝塚の河川に出かけました。年配のバードウオッチングのグループと出会い、アオジ(たぶん雄)が足下で鳴いて、道路側に飛んできました。その様子をスコープで観察されていました。マヒワが10羽ほどいたとの情報もいただきました。カワセミ探しを続けていましたが、出会うことができませんでした。引き返し戻って見るとグループが何やら本を開いて話し合っていました。上空をオオタカ若鳥が飛んでいたそうです。残念ながら川に目を向けていて、まったく気づきませんでした。この日、川にはヒドリガモ、コガモ、カルガモ、ダイサギ、ハクセキレイなどを見つけることが出来ました。写真はアオジです。
Dsc_0053s Dsc_0056s Dsc_0058s
続いて、コガモとヒドリガモ、ずいぶん冬羽の色合いになってきました。
Dsc_0070s Dsc_0083s
場所を公園や山間に移動して、セグロセキレイ、カワラヒワ、マヒワ、カワセミを見ることが出来ました。昨日の木枯らし一番で木々の様子も冬の装いになっていました。カワセミは水面近くをピーという鳴き声をたてて低空飛行していました。カメラが間に合わず、画面右下に1羽がかろうじて、画面左上にもう1羽が写っていました。3回ほど廻っていきましたが、なかなかうまく撮れませんでした。また、チャレンジしたいと思います。
Dsc_0003s Dsc_0013s Dsc_0034s Dsc_0009s Dsc_0095s Dsc_0007s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »