« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月30日 (金)

夏の夜の出来事

 毎日クマゼミの鳴き声で夏の盛りを感じているところです。ある夏の夜、1匹のクマゼミの幼虫が長い土の中の生活に別れを告げ、木をつたって上り、羽化を始めていました。もう少し早くから見ていたら背中の割れる瞬間も見られたことと思います。今回はめでたく成虫になることができました。明日からこのセミも精一杯、夏を謳歌することでしょう。
Dsc_0129 Dsc_0130 Dsc_0135 Dsc_0141 Dsc_0145 Dsc_0152 Dsc_0179 Dsc_0181 Dsc_0190
ちかくに蝶々もいました。夏の夜の小さな出来事。また明日から暑くなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

7月24日

 少し前は、雨が降って涼しい日もありました。今は夏真盛り、蝉も長い年月を地中で過ごし、たくさんの抜け殻を残して、朝から、やかましく鳴いています。土の中から抜け出して、これから夏を謳歌しようというとき、アクシデントがあったのでしょう。たくさんの抜け殻の中にかわいそうな姿を見つけました。ここだけ時間が止まっているようです。この夏を謳歌しようとする(した)生き物たちです。合掌。
Dscn0684 Dscn0688 Dscn0676 Dsc_0035 Dsc_0038 Dsc_0047

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

猿のブロンズ像、白石正義氏

以前、とあるお店で「見る・聞く・言う」という猿のブロンズ像を発見し、どこかのだんじりに見ちゃる・聞いちゃる・言うちゃるという猿の彫り物があったなーなどと思い購入しました。ブロンズの台座には、白石正義作の銘、ブロンズの背にはm.shiraishiと刻まれていました。それで白石正義さん、どんな人なのか調べてみました。

明治34年(1901年)~平成2年(1990年)福岡県生まれ。東京高等工芸学校工芸彫刻部を卒業。堺市文化功労者、勲五等瑞宝章受章。東京オリンピックサッカーメダル、全国選抜高校野球大会メタルの原型制作。堺市内の千利休像、呂宋助左衛門像、与謝野晶子歌碑7基、龍女神像復元、万国博記念メダルの作者とありました。

以前紹介したことがありますが、龍女神像は、明治36年(1903年)に開催された第五回内国勧業博覧会の堺会場として建設された大浜水族館とともに多くの人々に親しまれてきた通称「乙姫さん」です。平成12年(2000年)、堺市制110周年記念事業として、岡村哲伸氏によって、白石正義氏の復元した3mのFRP製像をもとに、像高10m台座含め総高26mの龍女神像として堺の港に復元されているものです。というようなことが判明致しました。では、そのブロンズの三匹の猿です。
 今回このブロンズ撮影のため、布きれと照明を使って簡易ミニスタジオをつくりました。いつも室内の様子が入ってしまうなど、困っていましたが、これで楽に撮れるようになると思います。ミニだんじり搬出の姿見などもこれで撮影しましたが、この大きさでは、ちょっと窮屈でした。
Dscn0340Dscn0337Dscn0341Dscn0338Dscn0342Dscn0339Dscn0343Dscn0351

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

トビの輪

 梅雨が明けて一気に夏の暑さがやってきました。ミニだんじり展示終了までの間、足をのばしてカワセミ初見の地に2日連続でやってきました。昨日は、夕立にあい退散。今日のフィールドは暑い。これからは早朝か夕暮れしか無理かもしれません。三羽のトビが輪を描きながら上昇気流に乗っていました。下から見ると羽に特徴的な白いマークがあるのでわかりやすい鷹の仲間です。夏に海水浴などで海辺に行くと、ピーヒョロヒョローと鳴いてる鳥です。東の空には有明の月も浮かんでいました。
Dsc_0035 Dsc_0041 Dsc_0042 Dsc_0033 Dsc_0034 Dsc_0045

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

群れ

 昨日今日と泉州では太鼓台のお祭りがありましたが、行けませんでした。今日の泉州の野鳥は、「群れ」です。ウミネコの大群とムクドリの群れです。群れの雰囲気のため、ノートリミング。最後の2枚は、2008年撮影のデータから、日本海のウミネコです。(掲載以外の写真を確認すると、鋭い黄色の目とくちばしの先が赤いのが写っていました)
Dsc_0080 Dsc_0100 Dsc_0110 Dsc_0102 Dsc_0143Dsc_0087Dsc_0115Dsc00907_2Dsc00911_2
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第六回ミニだんじり愛好会三十人組展示会

      7月18日、第六回ミニだんじり愛好会三十人組展示会がだんじり会館でおこなわれました。ご出展された皆さん、今回もレベルの高い方ばかりです。そんななか恐縮ですが、今回、初出展させていただきました。皆さん見て頂けたでしょうか。明日も開催しています。まだご覧でない方は、ぜひともお運びください。では、本日のミニだんじり展の様子です。本日は役員の皆様お疲れ様でした。いろいろお話を聞かせて頂き、ありがとうございました。明日もよろしくお願い致します。ちなみに初出展の私のミニだんじりは、2枚目と3枚目です。
Dscn0433 Dscn0451 Dscn0457 Dscn0529Dscn0520Dscn0458 Dscn0579 Dscn0533Dscn0653Dscn0604Dscn0608

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

第六回ミニだんじり愛好会三十人組展示会

 7月18(日)、19(月)午前10時00分~午後5時00分、第六回ミニだんじり愛好会三十人組展示会がだんじり会館でおこなわれます。ミニだんじり展に集まるミニだんじり、年々レベルの高いものばかりで、同じ場所で並べられるとつらいものがあります。朝からばらばらのパーツを組み立て、とりあえず夕方の搬入の準備をしました。今年も良い物見せてもらうのが楽しみです。皆さん見に来て、楽しんでください。
Dscn0386 Dscn0393 Dscn0401 Dscn0385 Dscn0425 Dscn0427_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

メジロとウグイス

 メジロとウグイス、多くの方がメジロの姿をウグイスと間違えているようです。メジロはきれいなウグイス色をしています。1から2枚目、メジロ。ウグイスは、鳴き声に反して地味な色合いの鳥で、その姿は、なかなかお目にかかることができません。泉州の野鳥42番目、3から5枚目ウグイスです。最初は鳴き声から全部ウグイスかと思っていましたが、シジュウカラとメジロ、ウグイスが一緒にいたようでした。たくさん、ちょこまかと動いていたのは、メジロのようです。最後、シジュウカラは残念ながらピンボケです。
Dsc_0051 Dsc_0051t_3 Dsc_0063 Dsc_0069 Dsc_0063t_2 Dsc_0021_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

ぼさぼさ頭と真っ黒け

 ぼさぼさ頭の鳥と真っ黒な鳥、ヒヨドリとハシボソです。桜の頃は、すぐ逃げてしまいましたが、今回はかなり近い距離で撮影することができました。
Dsc_0194 Dsc_0168 Dsc_0169
 真っ黒は4羽で蛇を相手に思案中の様子でした。子どもと思われる3羽は獲物?の蛇を囲んでいましたが、攻めあぐねているようでした。親鳥と思われる1羽は、離れて静観していましたが、狩りの練習なのかはよくわかりません。
Dscn0378 Dscn0374       
 今年の梅雨あけは月末頃になるのか、よくわかりませんが、今年初めてクマゼミの声を聞いたように思います。いよいよ本格的な夏の到来となるのでしょう。
Dsc_0003Dsc_0001Dsc_0023Dsc_0123Dsc_0202Dsc_0204Dsc_0200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

ミサゴとアオサギ

 本格的な鳥撮りの方がバズーカで撮影されていた野鳥、みさごです。私のカメラでは小さくしか写らないので、超トリミングの世界です。少々風切り羽が痛々しい状態です。画質も痛々しい状態です。大きな魚をわしづかみした写真を見るといつかは撮ってみたいと思います。今の私のレンズでもフレームに入れるのに苦労していますが、バズーカのような超望遠の撮影では追いかけることは不可能に近いと思います。置きピンでフレームに入るのを待つのがいのか、積極的に追いかけながらチャンスをねらうのかは、そういう条件で撮影する当事者になったらわかることなのかもしれませんね。泉州の野鳥41番目、猛禽類、ミサゴです。絶滅危惧種のようです。
Dsc_0073 Dsc_0074 Dsc_0076
 ミサゴの魚を捕らえた写真はまだまだ撮れませんが、次の写真は、大きな口で大きな魚を丸飲みするアオサギです。野鳥の飛んでる姿の撮影は難しいです、なかなかピントが合わない。シャッター速度も、もう少しあげてみたいです。少しISO感度あげて撮影した方が良いのかもしれません。銀塩時代は、すべてマニュアルしかなかったんですが、今は便利なオートにたよっています。止まり物の時くらいでしょうか、マニュアルで撮ることがあるのは。泉州の野鳥、2頭身の宝石の再開をめざしつつ、まだ何種類か候補の野鳥もあります。次の新しいターゲットも決まりました。いつ出会えるか今から楽しみです。早く掲載することができればいいのですが、なにせ相手のあることなので、いつになることやら。Dsc_0057 Dsc_0058 Dsc_0059 Dsc_0133 Dsc_0134 Dsc_0135

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

板原町子ども地車体験

 お天気が気になりましたが、青空ものぞき、泉大津市板原町子ども地車体験が無事盛大に行われました。久しぶりのだんじり曳行と彫り物もゆっくり拝見させていただきました。巴御前も迫力でした。関係者の皆様お疲れ様でした。
Dsc00581Dsc00714Dsc00645Dsc00624Dsc00648Dsc00683
     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »