« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月28日 (土)

長良川水辺の夢のような小さな村なばなの里

 三重県桑名市長島町の長良川水辺の夢のような小さな村、なばなの里に行って来ました。三脚の使用が禁止されていますので(一脚はOK、でも人が多くてたぶん使いにくかもしれません)、手ぶれの写真のオンパレードとなりました。残念な写真がいっぱいありますが、そのなかから夢のような小さな村の名の通りきれいな写真を選びました。イルミネーション、ベゴニア、フクシア、サルビアもきれいです。季節毎にじっくり時間をかけて行きたいところです。帰りが遅くなるので 一泊する方がいいですね。 Dsc_0072 Dsc_0089_2Dsc_0082Dsc_0095Dsc_0429 Dsc_0118 Dsc_0156 Dsc_0149 Dsc_0204 Dsc_0231  Dsc_0371 Dsc_0392 Dsc_0334 Dsc_0362 Dsc_0294

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

泉州の秋の訪れ3

 和泉市松尾寺の紅葉です。初めて訪れた時の鐘楼横の鮮やかな真っ赤な紅葉が記憶に焼き付いています。その後四半世紀、毎年訪れていますが、まだその感動に再開することができません。月日とともに自分の記憶が創り上げてしまった紅葉なのでしょうか。写真は今日の松尾寺紅葉です。紅葉の写真は光の具合で印象が変わります。Dsc_0013 Dsc_0021 Dsc_0008 Dsc_0010 Dsc_0023 Dsc_0026 Dsc_0028 Dsc_0046 Dsc_0009

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

泉州の秋の訪れ2

 牛滝山のもみじ、10月25日は、まだこんな感じでした。http://sensyuunoarekore.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-48df.html
では、11月9日の様子です。これから日に日に紅葉がすすんでいくことでしょう。11月23日が牛滝山のもみじ祭です。Dsc_0116 Dsc_0136 Dsc_0122 Dsc_0126 Dsc_0129 Dsc_0139

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

なぞのだんじり

 昔は大津川を境に上だんじりと下だんじりに分かれていたと思います。かつて高石市も上だんじり中心の祭りを行っていましたが、衰退期があり、花車などの曳行を経て、現在のだんじり祭りにいたっています。市内には15台のだんじりがあり、12台が下だんじりで、3台が上だんじりです。高石のだんじり祭りについての予備知識はこの程度ですが、今年の秋祭りに100円高速高架下(南海線付近)で、旭の法被姿の方が花車を移動させているところに遭遇しました。たしか、だんじり小屋もいくつか並んでいたと思います。この地区では花車の曳行をされているのでしょうか。よくわかりません(写真1枚目)。あとの写真は、同じく高架下(JR阪和線付近)です。南の文字と若樫の文字がありました。二つの子どもだんじりをひとつにしたといわれている先代の若樫町地車ではないかと思います。このだんじりも花車曳行の頃、南の文字のどこかの地区がひいていたものなのでしょうか。よくわかりません。  Dsc08079 Dsc_0485 Dsc_0446 Dsc_0450 Dsc_0423 Dsc_0435 Dsc_0414Dsc_0419Dsc_0445

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

熊取町五門中家住宅

 中家住宅は昭和39年(1964年)5月29日重要文化財指定されています。中家は平安時代、後白河法皇が熊野詣での時、たちよられた由緒ある旧家で、大きな表門を入ると、正面に豪快な土間をもつ主屋が妻面をみせて建っています。主屋は入母屋造り、茅葺きで、周囲に本瓦葺の塀がめぐらされています。主屋の建立年代は江戸時代初期と考えられているそうです。現在でも広い敷地ですが、江戸時代後期の古図によれば、屋敷構えは今よりもはるかに大きくかったそうで、往時の中家の隆盛がどれほどのものであったかしのばれます。まるで日本昔話の世界のようでした。また、アメリカのフランクリンが行った、たこを使った電気の実験を橋本宗吉という人がこの地で行ったそうです。Dsc_0102 Dsc_0105  Dsc_0110 Dsc_0141 Dsc_0172    

Dsc_0119Dsc_0137Dsc_0167Dsc_0163Dsc_0156Dsc_0155_2 Dsc_0103

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊取町小垣内(おがいと)だんじり煉瓦館搬入

 11月1日に昇魂式を終えた熊取町の小垣内区だんじり。今日、煉瓦館での展示のため搬入されました。小垣内のだんじりは明治13年岸和田市筋海町のだんじりとして新調され、後に小垣内が購入しています。大工棟梁は、高橋若左衛門師、彫刻、宮地弥津計師。犬高欄の青龍と木鼻が明治甚五郎といわれた桜井義國師が彫っているそうです。これからは、この煉瓦館で常駐展示されるので、いつでも見ることができます。原木祭を平成18年7月9日にすませ、来年はいよいよ新調だんじりの完成です。またひとつ楽しみが増えました。では本日の写真です。竹の節が下まで貫通してるのか、独特でした。Dsc_0190 Dsc_0195 Dsc_0227 Dsc_0261 Dsc_0265 Dsc_0271 Dsc_0280_2 Dsc_0283 Dsc_0298 Dsc_0371 Dsc_0388 Dsc_0391 Dsc_0242 Dsc08444 Dsc08434

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

岸和田市下野町昇魂式

 岸和田市下野町昇魂式、心配していたお天気も午前中は暑いくらいでよくもちました。各町のだんじりもならび、やりまわしポイントは人であふれ、岸和田市内は祭り本番のようでした。気合いの入ったやりまわし、スピードばつぐんでした。ではその雰囲気をすこしだけ。 Dsc_0031Dsc08329Dsc_0038Dsc08349_2Dsc08354Dsc08369 Dsc_0048 Dsc08384 Dsc_0056  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »