« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

岸和田市下野町昇魂式前夜祭

 明日は下野町の昇魂式です。午後6時から昇魂式の前夜祭が行われ、提灯をつけて別れを惜しむように紀州街道をゆっくり曳行しました。下野町のだんじりは、大正8年の(1919)制作、大工は別所勝之助師、彫師は安田卯之松師、開正藤師です。明日はいよいよ最後の曳行、安全で事故のないよう願いながら、楽しみにしています。来年は、新調だんじりのお披露目、こちらも楽しみです。Dsc_0001 Dsc_0004 Dsc_0017 Dsc_0024 Dsc_0045   

Dsc_0049Dsc_0054Dsc_0077Dsc_0089

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

泉州の秋の訪れ

 泉州の秋の気配を確かめに牛滝に行って来ました。一の滝でシャッター速度を変えて滝の表情を変えて撮ってみました。この滝を夜に撮影してみたいと思うのですが、お寺は5時に閉まるそうなのでむりですね。月明かりで撮影した滝の流れはシルクのようできれいと思います。次の枯れ葉が宙に浮かんでる写真は、超魔術?です。塔のところの紅葉は一番早く赤く鮮やかになります。11月に入れば紅葉も見頃かもしれません。もみじ祭の前に行くことがおすすめです。Dsc_0050 Dsc_0063 Dsc_0056 Dsc_0072 Dsc_0076 Dsc_0079 Dsc_0069 Dsc_0102 Dsc_0103

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月24日 (土)

和泉市蔭涼寺

和泉市蔭涼寺(いんりょうじ)
 葛の葉伝説の信太の森、今は、自衛隊の演習場となっているがため、開発の波から逆に守られているともいえます。その一角に曹洞宗の禅寺蔭涼寺があります。お寺の本堂前には樹齢350年といわれる銀木犀(ギンモクセイ)の古木2本と、後に植えられた金木犀(キンモクセイ)の大木があります。高さは7~8mくらいでしょうか。大阪府の天然記念物にも指定されています。山門をくぐって参道を進むとモクセイの大木のトンネルがありました。この寺は江戸時代初期、禅僧・鉄心道印禅師が1661年に開いたそうで、この大木のギンモクセイはその頃からのものだそうです。また、この寺の本堂の天井は、伏見城の床を寺院の天井に使ったといわれ、大阪夏の陣の跡を留める血天井と呼ばれているそうです。また、モクセイの花の良い頃に訪れてみたいものです。Dc20091011_276 Dc20091011_310 Dc20091011_318 Dc20091011_292 Dc20091011_336 Dc20091011_344 Dc20091011_325 Dc20091011_314

Dsc_0032

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

和泉市郷荘地区寺門町昇魂式

 寺門町のだんじり昇魂式がありました。寺門町のだんじりは 昭和7年、大工・植山宗一郎、彫師・木下舜次郎によって作られ、昭和32年に岸和田市大町に売却、摩湯町経由で里帰りしています。松良右、「加藤清正賤ヶ岳の戦い」、左「本能寺の戦い」。土呂幕は源平合戦。正面「屋島の合戦」、右「敦盛を呼び戻す熊谷次郎直実」、左「粟津合戦 巴御前の勇戦」。
見送りは「大坂夏の陣」のようです。新調だんじりが楽しみです。Dsc_0194 Dsc_0176Dsc_0121 Dsc_0124   Dsc_0145

Dsc08205Dsc_0204Dsc_0203Dsc_0193

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

リサイクル公園の秋桜

 和泉市の リサイクル公園の秋桜を見てきました。途中すごい勢いのゲリラ豪雨にあってしまい、前が見えない状態でした。朝も雷を伴って短時間の豪雨がありましたが、最近の地球環境はどないなってんでしょうか。しかし、通り雨はすぐやみ、花に雫のついた写真が撮れることを期待しながら公園に向かいました。秋の公園の花壇は、秋桜をメインと思っていましたが、ひまわりとグラジオラスと秋桜が楽しめそうです。植え付け時期をずらしていますので長く楽しめると思います。見頃は10月下旬から11月上旬くらいでしょうか。では今日の公園の写真です。   Dsc_0041Dsc_0028Dsc_0079Dsc_0064Dsc_0091 Dsc_0093

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

2009年10月祭礼和泉市信太・幸地区連合曳き

 10月祭礼最後のだんじり祭り、和泉市信太・幸地区連合曳きがありました。かなり肌寒くなってるのですが、今日は日向にいると暑さがこたえます。連合曳きパレード場には、近づくことも出来ないくらいの人で埋め尽くされていました。トップ(?)の上代、早さ抜群でした。来年、この綱の後ろには新調だんじり。楽しみです。では連合曳きの様子です。Dsc_0001Dsc_0004Dsc_0038  Dsc_0163 Dsc_0197 Dsc_0200 Dsc_0089  

Dsc_0186_2 Dsc_0228

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

2009年10月祭礼本宮、泉大津濱八町編

泉大津市濱八町地区、上之町、下之町、西之町、出屋敷町、宮本町、上市町、田中町、元町の8台のだんじりです。 濱八町地車は八町すべてが折衷型上地車で、前に当て板を付け、停まっている地車の後梃子にあてる「かちあい」をおこないます。Dsc08031 Dsc08024 Dsc08136 Dsc08149 Dsc08121 Dsc08174 Dsc08172 Dsc08156 Dsc08185

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月祭礼本宮高石編

高石市のだんじりは紀連地区、元町、高磯、南、北村、匠、北新町、小高石、高師濱、新村、取石地区、綾井、大園、新家、羽衣地区、羽衣、東羽衣の14台と堺市鳳地区祭礼参加の富木と所曳きの土生があります。では曳行の様子です。Dc20091011_213Dc20091011_134 Dc20091011_218 Dc20091011_337 Dc20091011_364 Dc20091011_404 Dc20091011_436 Dc20091011_725 Dc20091011_608 Dc20091011_688 Dc20091011_375 Dc20091011_698

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月祭礼本宮八木地区編

行基参りは、久米田池への感謝をこめて、久米田寺に八木地区池尻町、大町、額原町、額町、小松里町、西大路町、箕土路町、下池田町、荒木町、中井町、吉井町と山直地区田冶米町、今木町の13台のだんじりが参加します。行基参りの様子です。Dsc07976 Dc20091011_004 Dsc07988 Dc20091011_040 Dc20091011_050 Dc20091011_089 Dc20091011_063 Dc20091011_042 Dsc08009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月10日 (土)

2009年10月祭礼宵宮岸和田市八木・南掃守編

では本日の最後は、岸和田市八木地区・南掃守地区編です。Dc1010431 Dc1010375 Dc1010352 Dc1010450 Dc1010483 Dc1010500

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月祭礼宵宮岸和田市山直編

10月祭礼岸和田市山直編 です。山直北地区には田治米町、今木町(この2町は八木地区の行基参りに参加)岡山町山出小路、岡山町大西小路、岡山町東出小路、摩湯町、三田町、三田町小倉の8町。山直南地区には、積川町西(積川)、積川町東(橋室)、稲葉町西、稲葉町東、包近町、山直中町の6町があります。積川、橋室だんじりは、泉五社のひとつ積川神社に宮入していました。祭神は宮中神である座摩巫祭神五座。御神体は古鏡。言い伝えに1090年、白河上皇が熊野詣の折り、積川神社に立ち寄り、鳥居の扁額があまりにへたくそであったため、自ら筆をとり「正一位積川大明神」と大書したといわれる額があるとのことです。八木地区の額原や額の地名はこの由来によります。Dc101031 Dc101096 Dc101084 Dc1010106 Dsc07830 Dc1010262 Dc1010221 Dc1010199 Dsc07787 Dc1010120 Dc1010269

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月祭礼宵宮忠岡町編

 10月祭礼忠岡町編。台風がすぎて好天に恵まれました。試験曳きの時の暑さがなつかしいと思うくらいめっきり肌寒くなりました。朝6時からの曳き出しの様子と9時から仲之町が南海本線を越えて駅東側でのやりまわし(最後の3枚)です。曳き出しでは、紀州街道のいつものポイントは例年のように脚立の林が立ち並んでいました。和歌山側からの撮影は断念し、いつものように残る3方からの撮影となりました。Dsc_0007 Dsc07673 Dsc07645 Dsc07604  Dsc07725 Dsc_0097 Dsc_0123 Dsc_0141 Dsc07697

Dsc07741_2 Dsc07750 Dsc07754

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

台風一過

 台風18号が8日未明にかけて通り過ぎました。幸いにも大阪湾直撃は、まぬがれましたが、皆様方には被害などはなかったでしょうか。台風の上陸した愛知や三重の方も気がかりです。ネットでトラックがひっくり返っている写真を見て自然の力のおそろしさに驚きました。台風一過という名の通り、風は残っていますが、空には青空が戻りました。10月祭礼は、お天気に恵まれそうです。では、台風一過の写真です。戻った青空と倒れた稲、秋の味覚、銀杏です。Dsc_0694_2 Dsc_0693   Dsc07584Dsc07583

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

10月祭礼地区の試験曳き

 今日は10月祭礼の多くの地域で試験曳きがおこなわれました。午後からは岸和田山手方面の試験曳のはしごでした。東岸和田で旭・太田地区(土生町、畑町、作才町、流木町、極楽寺町の5台)、修才地区(真上町、八田町、神須屋町、土生瀧町、阿間河瀧町、葛城町の6台)合計11台のだんじりを見て、下池田で南掃守地区だんじり(下松町、西之内町、八坂町、上松町、山下町、尾生町、中尾生町、福田町の8台)、久米田で八木地区だんじり(池尻町、大町、額原町、額町、小松里町、西大路町、箕土路町、下池田町、荒木町、中井町、吉井町の11台)と試験曳き各地区をまわって、朝から合計34台のだんじりをみたことになります。まだまだ見たことのないだんじりがたくさんあります。これから機会があるごとに訪れてみたいものです。今日は朝から一日中だんじり漬けの日でした。Dsc_0177  Dsc_0184 Dsc_0190 Dsc_0209Dsc_0336 Dsc_0372 Dsc_0375 Dsc_0449 Dsc_0391 Dsc_0433 Dsc_0547 Dsc_0560 Dsc_0581 Dsc_0674 Dsc_0633

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忠岡町制70周年記念曳行

 忠岡町が町制70周年(忠岡村から数えて120周年)記念行事がありました。仲之町、生之町、道之町、濱之町4台のだんじりが南海本線を越えてシビックセンター前に集合しました。広い道路でのやりまわしに気合いが入っていました。写真は、駅に向かういつもの交差点でのS字とやりまわしが4枚。看板の照明がこわれましたが、無事4台とも駅に向かいました。後は、踏切越えにかなり時間がかかっていましたが、駅上の曳行の様子です。無事の町制70周年記念曳行おめでとうございます。 Dsc07474_2 Dsc07484_2 Dsc07501_2 Dsc_0004Dsc_0035        

Dsc_0112 Dsc_0092

Dsc_0139_2 Dsc_0141

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忠岡町道之町修理入魂式

 忠岡町道之町修理入魂式が早朝よりありました。今日は忠岡町70周年記念曳行や各地でも試験曳きがありました。では、道之町入魂式です。道之町は忠岡町の宮本で忠岡神社に宮入します。このあと記念曳行、午後は試験曳きと祭り本番並みのスケジュールですが事故のない楽しい曳行を見せてください。入魂式おめでとうございました。Dsc07384 Dsc07390 Dsc07398 Dsc07409 Dsc07433 Dsc07447

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

2009鳳祭礼宮入と中秋の名月

 鳳祭礼、宮入です。大鳥大社の美波比神社に宮入します。宮入順は、大鳥、野田、新在家、北王子、野代、長承寺、上、石橋、富木、濱寺元町で、鳳のだんじり祭りは、約400年前からとのこと、岸和田だんじり祭り約350年前より歴史のあるお祭りだそうです。また、半分が上だんじりです。昨日の宵宮に続き、今日の宮入、そして明日は、いよいよ本曳きです。宮入しただんじりを見ていて、長承寺の升組と欄干彫り物が独特で印象に残りました。新在家の纏の獅子もすばらしいです。関係者の皆様、安全で楽しい祭り、後1日よろしくお願い致します。今日は夜空に目をやると満月がでていました。中秋の名月です。最後におまけで名月です。 Dsc07093 Dsc07104 Dsc07111 Dsc07126 Dsc07140 Dsc07165

Dsc07203Dsc07267 Dsc07218 Dsc07216 Dsc07223 Dsc07222 Dsc07211 Dsc07273Dsc_0002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »