« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月29日 (水)

気になっていた公園

 どんな花が咲いているのかちょっと気になっていたいつもの公園に行って来ました。最後のチュウリップがまだかろうじて残っていました。気になっていたのは、芝桜とラベンダーです。きれいに咲いていました。それでは、和泉市のリサイクル公園の様子です。Dsc_0148 Dsc_0149 Dsc_0151 Dsc_0160Dsc_0154 Dsc_0165 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよゴールデンウィーク

 いよいよゴールデンウィークです。豚インフルエンザの驚異で海外旅行は控えようという方も多いかと思います。4月26日現在、浜寺公園のバラは、まだこれからといったところです。5月17日開催予定の浜寺ローズカーニバルの頃は、バラの甘い香りが辺り一面を覆っていることでしょう。また、日露戦争のとき、このへんに捕虜収容夜があったとかで、ユースホステル前には日露友好の像というものがあります。平成14年にこの像を建てたときのロシア大統領と日本の首相の名前がきざまれた石碑もあります。このあと、藤祭りのため泉南へ向かう途中、「0724」という泉州情報誌に掲載されていた岸和田・相川のおそばやさんでキット物のようですが、ミニだんじりを発見。また、フキ、シャガ(日本アイリス)や野生の藤なども見つけました。(写真は4月26日撮影)Dsc_0014 Dsc04255 Dsc_0017 Dsc_0002 Dsc_0048 Dsc_0060

Dsc_0058

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

梶本さんちの藤まつり パート2

 雨はあがりましたが、台風みたいな風の強い1日でした。それでは藤祭りパート2です。1枚目は藤の幹、びっくりするほど太い幹です。2枚目3枚目は、草餅つきの様子。4枚目は、自宅の門に取り付けてあるやぐらの車輪とだんじりのコマ。そのあと写真は、熊野古道沿いの町屋の展示です。着物の布で作ったという灯籠と角谷家本陣の様子です。この熊野古道(小栗街道)は、紀州街道でもあるんですね。三つ葉葵の入った重箱は、桑の木でできていて、木目のきれいなけっこう厚みのある品物でした。欄間の彫刻もすばらしい。展示の品々もこの家に伝わる歴史的に貴重なお宝だと思います。貴重な品物も拝見できたいい一日でした。また以前紹介した紫陽花寺の長慶寺はこの本陣近くの辻を東に入ったところにあります。Dsc_0087_2 Dsc_0069_2 Dsc_0072_2 Dsc_0075_2 Dsc_0118 Dsc_0113_2 Dsc_0116 Dsc_0114  Dsc_0119

Dsc_0126Dsc_0130 Dsc_0124 Dsc_0125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

梶本さんちの藤まつり

 泉南市信達牧野の熊野古道沿いの故梶本昌弘さん宅では、地域のボランティアの皆様方によって、今年も野田ふじの藤棚が公開されています。この藤は、昭和62年に野田藤の鉢植えの苗を庭に植えた一本が、今では4万房ほどの花房をつけるようになったそうです。今年も朝日新聞に掲載され、25・26日に「藤まつり」が開催されました。25日の今日は、あいにくの雨でしたが、テレビ局の方も取材に来ていました。辺り一面に藤の香りが漂い、圧巻の藤は、見る人に感動をあたえてくれます。また、藤祭りの二日間、樹齢250年の松の木の根元で作ったという臼と杵で突いた草餅を、自家製の竹の器に入れて配布してくれます。9時、10時半、1時半、3時に餅つきをはじめるようです。私もおいしくいただきました。関係者の皆様、来年もすばらしい花を咲かせてください。ありがとうございました。Dsc04245Dsc04190 Dsc04232 Dsc04218 Dsc04215

Dsc04207Dsc04241Dsc04239

| | コメント (2) | トラックバック (0)

詰草と空木(つめくさとうつぎ)

 桜も終わり、もうすぐゴールデンウィーク。あー、ちょっとうれしい。詰草と空木の花が咲いていました。
 最初は白詰草。詰草という名前は、昔、荷物の梱包材に使われていたためだそうです。三つ葉のクローバーです。この時期5月頃、白い花がつきます。まれに四ツ葉のクローバーがあり、四ツ葉の形が「十字架」に似ていることから幸運のシンボルとされています。よく似たのに赤い花の赤詰草があります。その赤詰草より、花丈が長く、苺のような、ろうそくの明かりにも見えるのが紅花詰草、 写真はストロベリー・キャンドル。最後のつめ草は米粒詰草。米粒のように小さい黄色い花です。小さいので見落としてしまいます。以上3種類の詰草です。
 最後の写真は、谷空木。今の時期、ピンクの花がたくさんつきます。空木は、茎の中が空洞になっているのでそうよばれているそうです。Dsc04173 Dsc04167 Dsc04168 Dsc04170

   Dsc04163Dsc04166

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

ミニだんじり40分の1 その11

 ミニだんじり40分の1、当初の目的は達成できました。たりないところは、気が向けばやろうかということで、つつみを巻いて完成とします。しばらくは、次回作品の構想に時間を使いたいと思います。これまでの失敗を糧に10分の1の設計図を引き直し、完成まで5年以上を想定して、今のふがいないレベルをあげる(でけるかな)とともに、もっとだんじりの取材に時間をかけることに専念します。(たんにだんじり見るだけかも)
 おまけの写真は、欅で作った葉っぱの上に貼り付けたイチイの木で作ったフクロウ(不苦労)ストラップです。製作技術レベルアップその1です。おみやげものをコピーしてみました。 では、ミニだんじり40分の1とレベルアップ習作の不苦労です。Dsc04125 Dsc04132 Dsc04133 Dsc04134 Dsc04140 Dsc04148

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

ミニだんじり40分の1 その10

 今年、桜が早く咲き出しましたが、その後、寒さが戻ったりして、思っていたより長い期間、楽しむことが出来ました。この土日もまだ結構いけそうな様子です。
 ミニだんじり40分の1、あともう少し気のつくところに手を加えれば、完成といえるでしょう。結構、雑に作製しましたので、いろいろ問題点を抱えています。それも、今後の糧となれば、よしとしましょう。(糧となるか、ならんかは、今後の精進次第?かな)
 ではその10です。写真は、屋根と升組も接着しているところから、升組を終えたとこまで。今回の企画の失敗の原因は、設計をおろそかにしたことにつきると思います。次作があるのか、ないのか不明ですが、もし機会があれば、この教訓をいかしたいと思います。Dsc04055 Dsc04059 Dsc04112 Dsc04115 Dsc04111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

第12回紀州街道にぎわい市

 第12回紀州街道にぎわい市、昨日の雨でちょっと心配しましたが、天気に恵まれ、紀州街道にお店が並び、多くの人出で賑わっていました。本町のだんじりも据えられ、いくつかのお店には、ミニだんじりがありました。最後の2枚は、岸和田城お城祭りの恒例、大阪屋 さんと美似だんじり倶楽部のミニだんじりです。四ツ屋根だんじりのミニがありました。蛇足ながら、1枚目は本物の本町のだんじりです。にぎわい市終了後の本町だんじり曳行?今年も見ませんでした。いつか見てみようと思っています。 Dsc_0001Dsc_0012 Dsc_0013Dsc_0024 Dsc_0026 Dsc_0027 Dsc_0062 Dsc_0063

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岸和田城のさくらと久米田寺のさくら2009

 桜が各地で咲きました。昨日の雨も上がり、春爛漫です。岸和田では、岸和田春らんまんフェスティバルとして第54回お城まつり、第22回泉州の物産展、みんなDay参加!どんチャカフェスタ、第12回紀州街道にぎわい市などが盛大に行われ、花見客でにぎわっていました。(お城まつりは15日まで)帰りに足をのばして久米田池桜祭りも見てきました。こちらも大勢の人出でにぎわっていました。Dsc_0051Dsc_0070 Dsc04090 Dsc_0092  Dsc_0106    Dsc_0103Dsc_0100

Dsc_0082Dsc_0096

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

大阪城とさくら2009

 大阪城はもともと複合式望楼型として豊臣期1585年築城されました。その後、独立式層塔型5重5階地下1階として徳川期1626年再築されましたが、いずれも現存しません。現在の大阪城は独立式望楼型5重8階、1931年復興された大阪城天守閣です。昭和以降、各地で建てられた復興天守閣第一号だそうです。建物は、徳川大坂城の天守台石垣に新たに鉄筋鉄骨コンクリートで基礎をした上に鉄骨鉄筋コンクリート造にサスペンション工法を用いて建てられてそうです。外観は、絵図(大坂夏の陣図屏風)をもとしているそうです。平成7年から9年、平成の大改修が行われ、阪神・淡路大震災級の揺れにも耐えられるように補強されたそうです。外観は壁の塗り替え、傷んだ屋根瓦の取り替え、鯱・鬼瓦の金箔の押し直しが行われ、きれいになっています。(某HP参照)そんなお城と桜のコラボが大好きで、去年に続いて行ってきました。Dsc03985Dsc03978Dsc04002 Dsc03990 Dsc03999 Dsc04006 Dsc04004 Dsc04008    Dsc03982

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

ミニだんじり40分の1 その9

 4月になり、製作開始から1ヶ月と1週間が経ちました。40分の1その9です。思いつきで始まった40分の1モデルもだいたいできあがってきました。あと升組に1mmくらいの角材を彫り物にみたてて取り付けるつもりをしていましたが、小屋根部分での取り付けが困難で頓挫しています。隅出すもありません。まー、えーかとの思いと半々で思案中です。振り返るとこのミニだんじり作りは、こだわりをもって作りたいという気持ちと妥協との繰り返しのようです。10分の1モデルと並べてみました。手のひらサイズでなかなかのかわいさです。Dsc03956Dsc03954Dsc03964  Dsc03966 Dsc03968 Dsc03970 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »