« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月28日 (日)

葉菜の森(はなのもり)のミニだんじり

 葉菜の森(はなのもり)でミニだんじりが売ってるという情報を確認しに行って来ました。葉菜の森は、大阪府和泉市大野町、R170大野町北交差点を山手に入ってすぐにあります。新鮮な野菜・果物・花卉などの農林産物の販売専門店です。また、この近くにはR170沿いに道の駅、いずみ山愛の里があり、こちらでも農産物等の販売をしています。お店は、年の瀬の買い物客でかなり混み合っていました。木工製品のコーナーに欅のミニだんじり(58,000円、25,000円、6,300円、ケース入り7,300円)と檜のミニだんじり(65,000円)完成品が並べられていました。屋根はすべて入母屋タイプ、ケースはよく見るとつね矢さんの製品のようにです。サイズ的には10分の1(檜)、14分の1、20分の1、40分の1?(欅)くらいかと思います。完成品以外にキット販売もすればええんちゃうんと思いました。他に木や竹の製品がいろいろとありました。ふくろうは、不苦労ということでみかけることが多い作品です。なんとなくこのコーナーの作品を見ていて、紀州街道にぎわい市で出展されていたような気がしました。同じ方の作品かもしれません。外のテントの中では欅材なども販売されていて、板材としては結構リーズナブルな印象でした。Dsc03156 Dsc03144 Dsc03149 Dsc03151 Dsc03160 Dsc03161

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

黒鳥山公園

 和泉市の黒鳥山公園は、桜の名所で市民の憩いの場になっています。
この公園は、昭和4年、阪和電鉄、天王寺-和泉府中間の開通に伴って、昭和10年頃から住宅開発が計画されましたが、山荘地区以外、用水の確保が困難だったため中止となったそうです。その後のゴルフ場開発計画も第2次世界大戦で中止となるなどいろいろ経緯があり、現在の公園になっているようです。
 黒鳥山公園の小高い丘のようなところに天皇駐蹕(ちゅうひつ)碑なるものがあります。
駐蹕とは何のことか調べてみると、天皇の行幸中、一時のりものをとどめるという意味のようです。この黒鳥山に天皇が来て休憩したという記録を記した碑ということでしょうか。それにしても、でかい石に刻まれています。
 また昭和60年、和泉市市制施行25周年記念事業の一環で、ふれあい広場が整備され、壁泉、噴水流れ、花壇などがシンメトリーに配置され、現在、市民の憩いの場になっています。立ち枯れた蓮の池には回廊を巡らせてあり、渡ってきたカモが泳いでいました。桜の季節、蓮の花の季節にも訪れてみたいものです。Dsc02966Dsc02982Dsc02970Dsc02976

Dsc02953Dsc02952Dsc02983

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

ミニだんじり作製ぼちぼちの2

Dsc02919 Dsc02923  Dsc02928  Dsc02933Dsc029362008年を表す世相漢字「今年の漢字」、111,208通の応募で「変」が6,031票(5.42%)で1位になったそうです。でも残り10万通以上は、そうではなかったということになります。応募の文字ごとに数える作業もたいへんだろうなと思いつつ、作業を進めています。ついでに幟台と前梃子もつくりました。写真であらためて見てみると、えーかげんな組み立てで、隙間が・・・。気になるけど・・・、どないしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

飛行船「ツェッペリンNT」

今日は、久しぶりに飛行船「ツェッペリンNT」を見ました。飛行船「ツェッペリンNT」の運航状況は、株式会社日本飛行船のHPで確認できます。ツェッペリンNTは世界最大の飛行船で、全長:75.1m全幅:19.7m全高:17.5m、ジャンボジェットよりでかいそうです。しかも全世界で3隻しかないそうで、残りの2隻は現在ドイツでの観光遊覧や南アフリカでの資源探査に使用されているそうです。通常時速65~80キロ(最高速度は125キロ程度)で車並みの早さで飛んでるようです。高度は約300~600メートルを飛行しているため、巨大な船体に取り付けられたスポンサー企業等の広告バナーも今日もハッキリ見えていました。巨大な船体に取り付けられるバナー広告(布幕)の大きさは10m×30mもあるようで、めちゃでかい、まさに世界最大の空飛ぶ広告といわれるわけです。(ツェッペリンについて株式会社日本飛行船HPから引用)Dsc02884 Dsc02889 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

晩秋の牛滝

もみじ祭の時は、駐車場がいっぱいでやむなく退散しましたが、大威徳寺もみじも終わり、静けさが戻っていました。牛滝の山々も秋の装いで、多宝塔の真っ赤な紅葉はすでに散ってしまい、境内は紅葉の絨毯で覆い尽くされているかのようでした。急に寒くなり、2008年もあとわずかとなりました。Dsc02857_2 Dsc02856 Dsc02848_2 Dsc02853_2 Dsc02864_2 Dsc02873 Dsc02872

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

夜空の笑顔

Dsc02838 日の暮れが早くなり、見上げるとちょうど三日月がきれいにでていました。その上には木星と金星が並んでスマイルマークのようにほほえんでいました。おもしろい写真になるとおもい撮影しました。(ちょっとぶれていますが)もっときれいな写真が今日の新聞にもでていました。2008木星接近で検索すると様々なタイトルで夕空のきれいな写真が紹介されています。タイトルもこの接近を待ちかまえていた方達は「月木金の接近」「12月1日の夕空」「3天体集合」「笑顔座」「夜空の笑顔」「やっと月がキターッ!」 などとしていました。このブログのタイトルはその一つをお借りしました。しかし天体観測が好きな人たちの写した写真はさすがにきれいですね。感心しました。(2008年12月1日、17:42:50、ISO-800 露出1/8秒手持ち撮影、というかカメラ任せのオート撮影です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »