« 和泉五社 | トップページ | 升組作製編の7 »

2008年6月29日 (日)

獅子舞

 久しぶりに獅子舞の姿を見かけました。子どもの頃、獅子舞が来るとよくついてまわり、頭噛みのお祓いは、子どもにとって怖かった印象が記憶に残っています。
 伊勢大神楽は、江戸時代に各地を巡って、伊勢神宮のお札を配っていたそうで、今でも数組の社中が主に西日本各地を訪れているそうです。伊勢神楽は舞(獅子舞)と曲(放下芸)の大きくは二つからなり、舞は悪霊退治、清め、お祓い、曲は放下芸師とチャリ師(道化師)が萬歳のように掛け合いながら、スリル溢れる芸から不思議な芸を披露して楽しませてくれます。もう一度ゆっくりと見てみたいものです。
 おなじみの染太郎・染之助さんの芸もこれがルーツのようです。そういえば目を大きく開いて歯をむき出した顔は獅子舞のようでした。おめでとうーございます。Dsc00201

|

« 和泉五社 | トップページ | 升組作製編の7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174656/41678746

この記事へのトラックバック一覧です: 獅子舞:

« 和泉五社 | トップページ | 升組作製編の7 »