« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月27日 (日)

堺市南区美福地区檜尾 入魂式

堺市南区美木多地区の檜尾だんじり入魂式を見てきました。Dsc07348_4 Dsc07394_3 Dsc07374_2 7時半ごろ、すごい坂道を一気に上り、美多彌神社にて入魂式が行われました。Dsc07400_2幟を変え、 鴨谷橋を直進し、赤坂台6南、大Dsc07440森から泉北高速Dsc07448鉄道高架下高橋広場の式典会場めざしました。高橋交差点ではスピードのあるやりまわしが決まり、Dsc07464無事曳行が終わりました。天気も良かったし、言うことなしでした。 Dsc07521 Dsc07513  無事の入魂式おめでとうございます。Dsc07495関係者の皆様お疲れ様でした。

Dsc07563Dsc07593

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

堺市南区美多彌神社

 堺市南区美福地区檜尾では明日地車購入による入魂式が予定されています。

入魂式予定はあちこちのHPからの情報によると下記のようです。

7:00 小屋出発 JA美木多支所前
8:00 美多彌神社にて入魂式
9:00 神社出発 鴨谷橋直進
10:00 大森交差点付近
10:50 高橋交差点
11:30 高橋広場(泉北高速鉄道高架下広場)
12:00 高橋広場にて式典

そんな中、明日、入魂式を行う神社に行って来ました。Dsc07296美多彌(みたみ)神社です。階段を上ると本殿があります。参拝をすませて、天然記念物のシリブカがしをながめていると、何かを探しているように思ったのか宮司さんが「そこにいてますよ」と教えてくれました。なんと堺の神社の境内に「きつつき」がいるではないですか。「こけら」だったでしょうか。宮司さんの話をききながらその鳥を発見したので、残念ながら教えてもらった名前が思い出せない自分がちょっとくやしい。Dsc07290「もっと近づいても逃げないですよ」と言われて、アップで撮影をと思ってカメラを近ずけようと思っていると、下から参拝客があがってきたので逃げてしまいました。Dsc07295明日はこの神社で、岸和田旧市宮本町のだんじりが檜尾のだんじりとして宮入をはたします。是非とも見とどけたいものです。このきつつきの開けた4センチほどの穴を見て、つい自分がやっているミニだんじり作りと思いを重ねてしまいました。地道にこつこつと積み重ねていくしか仕方がないのですと。ミニだんじり升組は、まさに、こつこつと200をこえる刻みをすすめている最中です。5月には升合いのの彫り物も完成させたいと思います。明日は是非とも生だんじりを見たいと思っています。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隠れた名所の2和泉市編

 泉州和泉、地名の起源となっている泉井上神社。Dsc07167 Dsc07161 神功皇后が新羅征討から帰還したとき、この地に一夜にして泉が湧き出したため、そこに宮を建てたのが始まりとされ、この伝えが、「和泉」「泉井上神社」の名前の元になったとされているそうです。秀吉もこの泉の水を城に運ばせ、茶の湯に使ったとか。今はもう泉は涸れているそうですが、境内にはその伝えを示す和泉清水史跡が残されています。泉五社(鳳、穴師、聖、積川、日根)の総社Dsc07176_2である本殿は1605年豊臣秀頼が建立したもので、重要文化財だそうです。鶴の彫り物が歴史を感じさせていました。Dsc07164 神社横には市辺町と東泉寺のだんじり小屋があります。また、神社横の小栗街道は、歴史のある熊野詣出の街道です。身近な泉州では文化歴史の深さを感じるところが多いです。Dsc07165 Dsc07157Dsc07158

続きを読む "隠れた名所の2和泉市編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

堺市野々井入魂式

 葛城町入魂式は用事でアウト。今回も入魂式に間に合わず、到着したときには、すべての行事が無事終わっていました。まずは、入魂式おめでとうございました。これからの曳行をお楽しみください。修斉地区神須屋町昇魂式以来の再開のだんじりですが、なんとか数枚の写真を納めましたので紹介します。土呂幕の巴御前が気に入ってましたが、写真の写りが金網で残念です。これで今年になって見ただんじりは9台目となりました。Dsc07266 Dsc07267 Dsc07271 Dsc07269 Dsc07276

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

隠れた名所の1 泉大津編

Dsc07252 泉州のあれこれを紹介するのに最適なすっけっとを入手しました。「堺泉州の隠れた名所」です。この本を読んで「くじら公園」「蟹塚」「浜街道」を見に行くため、ぶらっと泉大津をめざしました。泉大津も昔の記憶とはかなりの様変わりで、風情を残すところも少なくなってきています。楯並橋を渡り、紀州街道と一本浜側の濱街道を見てきました。岸和田本町、紀州街道の町並みのような面影がまだ少し残っていてます。Dsc07201楯並橋には紀州徳川の参勤交代の 行列が施されていました。また、楯並橋と忠岡町の地名にまつわる伝説Dsc07203として伝わっているのが、源平の時代の話。木曾義仲に京を追われた平家は壇ノ浦へ、平清盛の弟、平忠度(ただのり)は、泉州へ逃げてきた。忠度を逃がすため息子、忠行(ただゆき)が大津川に民家の戸板を並べて楯にして闘い、木曾義仲の将、今井兼滋に敗れた忠行を葬った岡から忠岡という地名となり、そこにかかる橋が楯並橋といわれている。これは伝説として語り継がれているものの史実としては不確かなものであるとかと、この本に書いていました。有名な話で年寄りからも聞いたことがあったし、別の書物で読んだこともありました。また、この本によると、今井兼滋の居住跡は忠岡町の古木びゃくしんの木で有名な永福寺のところだそうです。(びゃくしんの木は「泉州のあれこれ」で以前紹介しています)写真Dsc07237 4枚目は紀州街道、5枚目は、浜街道の町並みです。浜街道祭りは今年は5月25日です。http://www.city.izumiotsu.osaka.jp/matizukuri/hamakaidou/hamakaidoumaturi.html またそのときもう一度訪れてみたいものです。「蟹塚」は、大津川横の河原町にありました。河原町公民館前にある小さなほこらに3つの石碑が納められていて、1枚のDsc07220_2 Dsc07223石碑には元禄15年の文字がありました。新田開発の際、うじゃうじゃわき出る蟹を退治した供養のための石碑だそうです。この蟹の供養のため始めたのが蟹踊り、大津踊りであると紹介されています。「くじら公園」は、菅原町の浜児童遊園地で、保育所の隣にありました。幕末、安政7年に大きなくじらが沖に現れ、さわぎになったとか、鯨見物で難破した船の出た家跡が大津の出屋敷のこの公園の場所だったそうです。この公園名前のプレートの形がくじらの形になっていましたが、いわれを知らないと見過ごしてしまうような普通の公園です。 ぶらぶらと濱8町のだんじり小屋も見ながらの散策で大津神社を目指しているとき、紀州街道沿いの観海山観音堂でみごとな藤を拝見させていただきました。藤棚の下にはベンチが置かれていて、もてなしされたような気持ちになり、ちょっとうれしくなりました。この藤は本には掲載されていませんでしたが、これから見頃を迎えるようです。だんじりの走っていない春の泉大津をぶらり巡って堪能しました。 隠れた名所の旅はつづきます。  Dsc07222 Dsc07207Dsc07227Dsc07230

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

升組作製編の1

 大屋根升組の製作を開始しました。部材が多く手強い相手となりそうです。まだ部材切り出し途中の状態で、3手先7段の予定で244本の部材を切り出します。現在137本切り出しました。製材しながらの切り出しなのでプロクソンの丸鋸も悲鳴を上げて、焦げ臭くなっています。小屋根升組には手つかずの状態ですが、大屋根だけで残り107本の切り出しが必要です。升組は、彫り物の数が多いのでかなりの時間が必要になりそうです。試し彫りをいくつかしてみましたが、かなり時間をかけてしまいました。全体の数の5%くらいしか彫り物は進んでいない状態です。まだ升の作製もあるし、効率よく作業が進むよう考えんとあかんなーと思っています。Dsc07168 Dsc07173 Dsc07114

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

第11回紀州街道にぎわい市とだんじり

今日は第11回紀州街道にぎわい市と岸和田お城祭りを見てきました。やっぱりすごい人出でにぎわっていて、ついつい目についた物を買いたくなってしまいます。筋海町、堺町のだんじり小屋も開いていました。写真は、本町だんじりと本町幟台の獅噛、筋海町だんじり、鬼板には獅噛、にぎわい市のミニだんじり、桜と千亀利城などです。本町、堺町、北町、筋海町あたりを歩きながらお寺やお店を見て回りましたが、町の様子が昔とかなり変わっているのに改めて驚きました。今日はツェッペリンが2回頭上を飛行しているのを見ましたが、写真は撮れませんでした。桜と岸和田城、そしてツェッペリンも一緒に撮影したかったなと思いました。 Dsc06921Dsc06958Dsc06942 Dsc06961

Dsc07058Dsc06986Dsc07002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すすみ具合の26

今日は第11回紀州街道にぎわい市があります。本町のだんじりが紀州街道にでますので、ちょっと早めの現地入りを考えていますが、実行できるかどうか。ミニだんじりの大屋根も桜の季節の内にほぼ完成することができました。Dsc06868 升組の配置と設計もほぼ出来ましたが、今日は、本町のだんじりをじっくりと見て、もう一度検討を加えたいと思います。Dsc06854 Dsc06859

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

岸和田お城祭りと夢灯路・だんじり

岸和田お城祭り、桜とお城はいつ見てもえーなと思います。Dsc06842_2ただいま満開です。大阪屋さんのミニだんじりもでています。Dsc06841Dsc06843_2

夕方から第11回紀州街道にぎわい市の前夜祭「夢灯路」も見てきました。中央小学校児童による灯籠が紀州街道の両側に並べられ、春の夜に幻想的な雰囲気をかもし出していました。本町のだんじりも明日の出番を待っているかのようでした。今回は、越中八尾おわら道場関西支部の方々による「紀州街道風の盆」が初めてあり、岸和田祭り並の人出でにぎわっていました。最後はライトアップされた岸和田城と 逆さ城 。すでに明日の花見の場所取りや桜の下の宴が始まっていました。きっと日曜の人出はすごいやろな。
         

Dsc06898Dsc06897Dsc06886

Dsc06881Dsc06906Dsc06908

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

すすみ具合の25

Dsc06828 Dsc06829 Dsc06826 屋根を葺いてしまうと取り付けが難しくなるので、升合いの天井を急いで製作しました。作り忘れていた小屋根のも(写真3枚目)ついでに作りましたDsc06833が、屋根を葺いた後なので、取り付に少し苦労しました。Dsc06839 これで大屋根の屋根葺きも終わりました。屋根葺きの最初をきちんとしなかったのが少々悔やまれますが、まー、こんなもんでしょうか。お気に入りの角度を最後にまたまや載せてみました。後は、三本槍をつけて完成します。これで大屋根は桜の季節の内に完成します。次は、だんじり本体の彫り物の仕上げと小物の製作と取り付けをすませてから本体をくみ上げていきます。いよいよ残すは、升組と見送りとなり、あと一息で完成します。Dsc06840 Dsc06834

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

3.31アリオ鳳オープン

アリオ鳳が3月31日、東急車輌跡地に開店しました。大きなショッピングセンターです。この日が開店日ですが、実際は1週間ほど前からプレオープンしていたようです。31日の開店を祝って鳳上町のだんじりが8:20AMにだんじり囃子を披露したそうです。日曜の葛城町の入魂式にもいけなくて、その様子を掲載しているブログなどをうらやましく拝見していたのですが、今日のオープンセレモニーもスルーしてしまいました。1枚目、センターの入り口。2枚目は、インフォメーション近くのハイテク案内板。3枚目はたぶん鳳をイメージしての天井画?4枚目は、泉南イオンのような広いお店の様子です。外に出て店内禁止事項なるものが書いてありました。店内の撮影は禁止だそうです。知らなかったので撮っちゃいました。最後は、ロフトで購入したおもちゃ、チョロQで 有名なDsc06810タカラの室内でとばせる ラジコンのヘリコプター 、ヘリQです。次の日曜は、岸和田にぎわい市で必ず本町だんじりを見てやるぞDsc06811と思っています。 

Dsc06808Dsc06807Dsc06813

続きを読む "3.31アリオ鳳オープン"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »