« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月27日 (日)

頂き物と木彫り

岸和田Dsc05839修斉地区カレンダーいただきました。6台のだんじりなので12ケ月のカレンダーには数がぴったりです。Dsc05841 ありがとうございました。突然、木彫りの小箱作成中、ミニだんじりは当然ストップ。彫り物の練習のつもりですが、なんとか箱のふたの彫りをここまですすめました。あとは箱本体も同じように彫り込む予定です。作業は1週間くらいかかるかな。

Dsc05842 Dsc05846

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

すすみ具合の18

Dsc05830 Dsc05829 Dsc05831 Dsc05826 Dsc05835 竹の節は子犬のようにころころしてしまい、車板に作業を変えました。昇竜と飛竜のつもりですが、ドラゴンがどじょうみたいになってしまいそうな予感がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

極小の世界

極小折り鶴です。Dsc05816 Dsc05819 1枚目、大きいのが16mm四方くらいの紙でできています。小さいのは10mm四方。2枚目、1枚目の写真に2羽追加しました。私の作品です。緑の鶴の両端の2つ、15mmと9mmです(苦しい形をしています)。この中で最小が10mmと聞いたので1mm小さくしてトライしましたが、セロファンの作品に脱帽しました。横にあるのは米粒です。道具を使わず、指先だけで折るのが流儀のようで、けっこう大変です。ネットで検索すれば、もっと小さい鶴の千羽鶴、5円玉の中に収まる大きさの鶴などの作品もあります。世界最小?は0.5mm四方の紙折ったという作品が展示されているとのことです。一度見てみたいと思います。これはきっと針とか道具を使っていると思いますが信じられない世界です。自分の限界にチャレンジ、けっこうはまるかもしれません。米粒大のミニだんじりなんてできるのかなと思いながら楽しんでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

すすみ具合の17

Dsc05814 竹の節作製、手前の部材彫り物の向きを90度向きを間違えて刻んでしまいました。そんで90度向きを正しくしたら、少し隙間ができました。まー、ご愛敬ということで、阿吽の親子獅子、唐獅子牡丹。刃物は研ぎ直ししたのでよく切れましたが、子犬のような獅子、思い通りにはなりませんでした。子獅子にいたっては、小さすぎてなんなのかよくわからんできばえです。また以前の彫り物も見直すと研ぎ直しをせずに切れない刃物でしたところが、目につきます。もう一度切れる刃物で表面を仕上げた方がええーと思うけど、どないしたもんか。全体を進めながら手直すか、しかし、もうちょっとスキルアップしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

すすみ具合の16

Dsc05785 Dsc05788 Dsc05789 2008年なんとかミニだんじり、腰回り彫り物の仕上げを残すまでとなりましたので、仮に組み立ててみました。仕上げをすませてから本体をくみ上げていきます。そうすれば後は升組と大屋根、それとあちこち抜けているところ。これらを進めていけば完成します。出来具合の不満なところに目がいきがちですが、とりあえず目をつむり、あと少し、入魂式めざしてがんばりたいと思います。ここまでいろいろありましたが、なかなかえー感じでいけてるかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

すすみ具合の15

Dsc05757 Dsc05761 Dsc05743 新年おめでとうございます。急に寒さが厳しくなり、作業は少し遅れています。あと升組材料の切り出しも先にしたいと思うのですが、まだそのまえに升組の設計の完成が必要です。いつものようにぼちぼちと楽しみながらすすめていきます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年1月1日今年もよろしく

2007年の締めとして年末カウントダウンと思いましたが、あまりの寒波のためお風呂で暖まりながら除夜の鐘とカウントダウンのキザミ太鼓を耳にしての年越しとなりました。

2008年1月1日あけましておめでとうございます。第二ブログ開始からちょうど1年が経過しました。今年も楽しい祭りを期待して新年のごあいさつといたします。今年もよろしくお願いいたします。Dsc05365_2 Dsc05752_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »