« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月26日 (月)

秋のおとずれ紅葉

今年は急に寒くなったので、もう見頃かなと思い、和泉市松尾寺を訪れました。でも秋の訪れは少し遅れているようで、はじめてここを訪れたあの年の紅葉にはあえませんでした。そのはじめて見た紅葉をもう一度見たくて、以来毎年この季節に訪れています。一番好きなのは、山門から見る紅葉ですが、色づきはあと少したつと見頃というところです。4枚目から6枚目は金堂に納められている仏像の一部です。7枚目からは、樹齢700年といわれている楠の木。700年前の日本というと武士が政治の中心になりだした室町時代あたりでしょうか。この木を見て「桔梗」や「犬夜叉」(設定では戦国時代にかなりでかい楠の木がでてきます)を思い出すのはDsc05335私だけでしょうかDsc05333Dsc05340_3 泉州の銘木のひとつです。 Dsc05345Dsc05344Dsc05343

Dsc05356_2 Dsc05353_2 Dsc05349_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

秋のおとずれ銀杏並木

Dsc05286 秋の訪れ、御堂筋の銀杏並木の色づきを見に行きましたが、御堂筋はビルが多いためか、まだ緑の葉が結構ありました。Dsc05221紅葉は日当たりのいい枝先から始まります。 Dsc05293_2 3枚目は中之島公園の本郷新「緑の賛歌」 。4枚目、一回乗ってみたいといつも思うだけになっている水上バス 。5枚目はクリスマスにむけて市役所前で行われていたイルミネーションの設置作業。Dsc05289 Dsc05324_2 最後は赤煉瓦の公会堂、いつみてもエー感じ、まさに大阪です。Dsc05295

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すすみ具合の13

Dsc05282 Dsc05325 製作開始から1年4ヶ月が経過しました。彫り物がなかなか進みませんので気分転換に主屋根材の切り出しを行いました。既に出来ていたパーツですが厚みが気に入らなかったので再度作り直すことにしました。まずは腰回りの完成、次に大屋根の完成、平行して升組のことを考えていけば、2年以内の完成に残すところ8ヶ月という月日は、けっこういけるかもといつものように皮算用をしています。また、番外編濱八町の鬼熊製作にも手をつけたいなと考えていますのでどうなるかは微妙です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

だんじり会館

Dsc02670_2祭りも終わりましたが、Dsc05196Dsc00010_2岸和田だんじ1139061154_2り会館では、いつでもだん1139061218_2じりを見ることができます。入り口を入るとミニだんじりとブロ1139061286_2ンズ像 が迎Dsc00082_3えてくれます。会館には、江戸時代文化文政年間(1804~29年)頃の五軒屋町だんじり(最古の岸和田だんじり)、天保12年(1841年)紙屋町だんじり、明治34年沼町だんじりが展示保存されています    。また、鳴り物体験や大工方体験、マルチスクリーン 映像、だんじりの各部材や纏や幟などさまざまな展示とミニだんじりの常設展示もあります。祭り関連の催しもたびたび開かれ、1月にはミニだんじり作りにかかせない欅材チャリティ(まだ欅で作った経験はありませんが) 7月には恒例のミニだんじり展が開催されいつも楽しみにしています。だんじりグッズやカレンダー、村雨なども販売されています。Dsc05195 Dsc00111 Dsc00110

Dsc00112

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

すすみ具合の12

Dsc05240 ミニだんじり摺り出し鼻作成中です。とりあえず摺り出し鼻の彫り物は未完成ですが、摺り出し受けをだんじり本体に取り付けられるようにしています。木目の縦横を強度的に逆にしたようで摺り出し受け1号はみごとに割れてしまいました。写真は製作2個目の摺り出し受け2号になります。教訓、縦の部材には木目は縦にしましょう。次は小屋根下腰回り、脇障子、半松良の完成をめざし、その後、見送り、大屋根にかかりたいと思います。最後は升組と升合いの彫り物を仕上げたら完成となります。Dsc05229_2 言うのは簡単ですが、升組の彫り物は数が多いので かなりの時間がかかる事だと思います。Dsc05224_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

だんじりグッズパート3

だんじりグッズパート3は少し奮発して、だんじりの小さめの彫り物を買いました。川中島の合戦、武田信玄と上杉謙信です。Dsc05214 (バックはA4の4倍のだんじり写真で、最近自作ミニだんじりの撮影時にレフ板としても活躍しています。)Dsc05217 Dsc05218 隣のミニ太鼓は自作した物です。もう一つ買ったのが先日昇魂式のあった北町の番持ち、弁慶の勧進帳です。およそ原寸大と思える弁慶の彫り物はDsc05201これの10倍のお値段がついていて、手が出せませんでした。でもこれで今月残りをどう過ごすべきかちょっと頭が痛いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岸和田城の菊花展

Dsc05191 Dsc05185 Dsc05193_2 11月は菊の季節、各地で菊花展が催されています。岸和田城の菊花展をのぞいてみました。三本仕立てや福助仕立て、1000本作り、懸崖など手塩にかけた自慢の菊が咲き誇っていました。菊作りは下葉をからさないよう水やりにも気をつかい、菊を作りだすと5月から11月までの間は旅行にも行けなくなってしまいます。つぼみができるとどれを残して咲かそうか迷ったり、夜盗虫に食われないように気を遣ったり、けっこう繊細で奥深い趣味といえます。しかし花が咲いたときの喜びはなんともいえないものがあり、また来年も良い花を咲かそうと思うのだと思います。みごとな菊を見させていただきました。来年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.4修斉地区神須屋町昇魂式

修斉地区神須屋町(こうずやちょう)の昇魂式を見にいくとき、Dsc04998 朝焼けがとてもきれいだったので1枚目は青の信号がアクセントの朝焼けの風景です。6時半、小屋に到着、出発をまちます。Dsc05015 2枚目は綱をはる様子。Dsc05017 3枚目は町内にむけて出発したところ。オークワ前を何度かやりまわししたのち、ふきちりにかえて宮入にのぞみました。4枚目は幟をかえる前、5枚目はふきちり姿のやりまわし。6枚目、いよいよ宮入やりまわし直前の緊張の瞬間。Dsc05032 大工方の法被の神の文字がえーな。7枚目から10枚目宮入の様子。 11、12枚目、 いよいよ宮出から昇魂式会場へ。これで今年のだんじり曳行はたぶん終了だと思います。57年間ありがとう のことばに住民のだんじりへの愛着を感じました。 でもまだ還暦前なんですね。お疲れ様でした。  Dsc05050Dsc05058

Dsc05061_2Dsc05062Dsc05112Dsc05116Dsc05145Dsc05159

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

すすみ具合の11

Dsc04997 Dsc04986 Dsc04989 今日は葛城町の昇魂式でした。町内曳きという情報をキャッチしましたが、残念ながら行けませんでした。ただいまミニだんじり摺り出し鼻作成中です。取り付けのため、部材のキザミをどうしようかと思案中です。ひとつまたひとつと部材が増えていくとちょっとうれしくなります。ひとつまたひとつで思い出すのが、毎号ついてるパーツを集めて○○をつくろうという雑誌、テレビで創刊号の宣伝はよく見ますが、ほんとにパーツが全部そろうまで発刊されいるんだろうか、なんて事をついつい思ったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »