« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

すすみ具合の5

Dsc03111 Dsc03112 Dsc03114 犬高欄作成中です。結構数が有るので一気に大量生産してしまいたいと思います。ちょっと変わった唐草と波の中に亀を配した2種類のデザインです。小屋根側の亀と波の方が時間かかりそうです。

実は8月19日二色試験引きからの帰路にえーもん見てきました。筋海町の小屋前を通りすぎたとき、2台ある?なんでやろ?と戻ってみると、筋海町の地車の前で、別のだんじりのつつみ巻きをしていました。生で隆匠さん製作の完成間近のだんじり、しばし見学させていただきました。ラッキーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月30日 (木)

蝶の展示

Dsc03109Dsc03107 Dsc03104Dsc03100Dsc03099Dsc03098Dsc00285_2Dsc03103Dsc03101Dsc03105Dsc03106 Dsc03108忠岡町の文化会館で蝶標本の展示がおよそ60ケースほどありました。たしか以前、個人で収集されていた方から寄贈されたもので、そのときは、コレクションの全てを展示していたと思います。しかしながら、これだけの高いレベルの標本を個人で集めるには相当の熱意と気力、体力、労力、財力と時間を注ぎ込まれたことと思います。蝶に魅了されて世界を歩く。ちょっと、してみたい気もします。 ひとつのことに、ここまで打ち込める熱意、学びたいものです。

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

だんじりグッズパート2

猛暑がつづいてますので、熱中症予防のため?作業はあんまし進みません。

そんなんで、だんじりグッズパート2。

Dsc03050 ごぞんじ、だんじりファイター清原くんの販売されてる3タイプ、ストラップ、キーホルダー、ボールペンのそろいぶみ。耳に輝くピアスは、同じです(そらそうやろ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

二色試験引き

8月19日、二色の浜パークタウンでのDsc03045 試験引きを見てきました。二色のだんじりは、忠岡町の先代仲之町のだんじり(明治32年)で、明治甚五郎こと櫻井義國作となるものです。正面升合い彫り物は大蛇退治。見送りは難波戦記(元は川中島合戦)Dsc02997Dsc02998 。二色の文字の下にうっすらと仲之町の文字がまだ見えていました。

ここ数日つづく猛暑の中でしたが、やりまわしもきまっていました。

8月25日が二色夏祭本番(毎年8月の最後の土曜)、Dsc03004 Dsc02994_2 9月2日が岸和田祭り試験引き、いよいよ祭りシーズン到来です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

すすみ具合の4

Dsc02970 半松良のキザミをミスしてしまい、仕方なく、もう1個作製となりました。写真1枚目はその材料です。Dsc02971 2枚目おおまかなカットをした状態。やっと、キザミを終えて小屋根下腰回りのはめ込みができました。Dsc02977これでやっと彫り物にかかれます。  同時進Dsc02975Dsc02978行していた小屋根虹梁の彫り物おおよそ仕上がりました。

組み立てが進んでいくと、あらま、と思うようなことも出てきます。柱とあたる小屋根の箕甲。柱から外に出る部分だけ付ければええのに、ムダに全部つくってしまって、今、すりあわせながら半分以上削っています。まー、これからもハプニングがあることでしょうが仕方ないでしょう。Dsc02984

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

すすみ具合の3

   すすみ具合の3ですが、小屋根下の腰回りで苦戦中です。場所決めや長さの調整にかなり時間を費やしてしまいました。

Dsc02945Dsc02965 1・2枚目は、材料100均の木管で作製したコマ止め。かなり以前に加工は済んでいましたが、今回シルバーに塗装してみました。

3枚目は出番を今か今かと待っている主屋根下腰回りパーツ彫り物有りの面々、、一部なしも含む。Dsc02946Dsc02964Dsc016574・5枚目は今回苦戦中の小屋根下腰回り。左右が決まらないと後部の作業に移れません。腰回り部材が完成すれば、大脇や見送りなどの作業が可能になります。

ここは時間をかけてじっくり行いたい作業ですが、この暑さの中、集中の必要な作業はなかなか困難ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臨空パパラ復活?

関空第2滑走路の営業開始に合わせての臨空パパラ復活Dsc02957 なのか?臨空ゲートタワー南側に大観覧車が再建中?です。観覧車周辺には建物工事も始まっています。以前、経営不振?で撤去されたところなのに、なぜ???また。いったいどこが工事をやってるんでしょうか。建設に税金が投入されてないことと、営業の無事をお祈り致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

韓国 大長今の旅

 チャングム(長今)は、中宋実録に記録されている実在の人物だそうです。朝鮮王朝の時代、女性で王の主治医となった人物は、後にも先にも彼女しかいないそうです。「大長今」。日本では「宮廷女官チャングムの誓い」としてNHKで放送されました。現在、BSで完全版が字幕放映されています。そんな日本でも大人気のチャングムのテーマパークを訪れてみました。

 日本でテレビで見ていた風景が実際、目の前にあるというのは少し感動ものです。また、宮殿はかなり小さく(3分の1)作られていて、宮殿と村が隣あわせにあります。

 「大長今=偉大なるチャングム」の称号は、大臣につぐ位の高さ。中宗王の「官位は与えないが、これはチョンサンプンタンサンガン(正三品 堂上官)に値する。」という名台詞。たしか女官は正五品で側室のヨンセンが従4品だったと思いますので、かなりの特別待遇といえます。Dsc02777_2

 1枚目は 入り口にあるドラマに登場した主な俳優さんの手形。右上段がソ・ジャングム(チャングム)のイ・ヨンエ。右2段目は子ども時代のチャングムを演じたチョ・ジョンウン。下段右から2つ目は監察内侍イ・ギョンウォン。2回もチャングムを拉致したため、韓国では死に神と言われているとか。

Dsc02783 2枚目は幼いチャングムを育てることになった熟手(スクス)出張板前、カンドックの家、作り酒屋さんです。

続きを読む "韓国 大長今の旅"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

世界遺産の旅海外編その2

Dsc02857  世界遺産の旅その1は、香港でしたが、今回はその2ソウルの卷。目的はチャングムテーマパークに行くことでしたが、世界遺産の旅として、先に世界遺産、昌徳宮(チャンドックン)を紹介します。またここは「大長今」の撮影ロケ地でもあります。

 昌徳宮は、李氏朝鮮王朝の宮殿で、1405年に景福宮(キョンボックン)の離宮として建てられたそうです。壬辰倭乱の際には、昌徳宮の建物の大部分も焼失しましたが、長い間放っておかれた景福宮とは違って、昌徳宮はまもなく再建されました。景福宮が豊臣秀吉の壬辰倭乱で焼失した後、約270年間ここで政務が行われていたそうです。世界遺産の昌徳宮は他の宮殿と違いガイドツアーでしか見学が許されていません。時間を確かめてお出かけください。私は9:30AMの日本語ツアーで見学をしました。1枚目の写真は昌徳宮の正門、敦化門(トンファムン)です。Dsc02869 

2枚目は、王の即位式や外国の使者との謁見などが行われた仁政殿(インジョンジョン)。昌徳宮の正殿です。ここには宮中の官位によって並ぶ場所が決まっています。Dsc02871 チャングムのドラマの中で、医女チャングムにデジャングム(大長今=偉大なるチャングム)の称号を与え、余の主治医にする!官位は与えないが、これはチョンサンプンタンサンガン(正三品 堂上官)に値する。世襲はせず、またネイウォンを統括せず、余の治療のみに専念する!と宣言した名場面。あの正三品は大臣につぐ位の高さ、三枚目の写真がその一つ上の正二品から写しているのが残念です。

続きを読む "世界遺産の旅海外編その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

神戸花鳥園

神戸花鳥園ではフクロウを主体とした展示やショーがあります。また、色とりどりのスイレン、天井からハンギングされたフクシアやベゴニアなどの草花がさきみだれています。Dsc02765 フクロウは、あまりスピーディでないのでDsc02740 、競合する鳥がいない夜に狩りをするようになったそうです。Dsc02726 Dsc02724 Dsc02727_2 首は300度くらい回転します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インスタントラーメンづくり体験

 池田市にあるラーメンミュージアムにいってきました。昭和33年(1958年)、日清食品創業者、安藤百福(あんどう ももふく)氏が世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」の開発に成功し、現在世界中でさまざまなインスタントラーメンが食されるようになりました。ここでは、世界でひとつだけのオリジナル「カップヌードル」作りを体験することができます。自由にカップをデザインし、スープを選び、好きな具材をトッピングします。Dsc02943_2 写真1枚目は完成した「だんじり2007オリジナルカップヌードル」、時間がなくて幼稚な絵となりました。でも世界で一個のオリジナルカップ麺です。2枚目はその完成の瞬間。3枚目は体験工房の様子、子どもでいっぱいでした。最後は現在発売中の日清の製品です、ものすごい種類で驚きました。地域限定ラーメンや、関東と関西ではスープに差があるようです。Dsc02704 Dsc02705 Dsc02710

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

京都太秦の2

Dsc02469 Dsc02468 作者のなまえを忘れてしまいましたが、リアルで妖しい魅力の人形です。太秦の映画セットは、映画で見たら本物みたいに見えるというのが映像のマジックみたいに思います。Dsc02470_2 Dsc02467

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都太秦の1

祇園祭を見に行ったとき、京都太秦映画村に立ち寄りました。「男たちの大和」の戦闘シーンでDsc02474 実際の撮影に使った大和の模型が展示されていました。Dsc02473 実寸大の機関砲座もクライマックスの戦闘シーンでDsc02476 Dsc02475使われていたもので、映画のシーンが目に浮かんできました。 本物そっくりなみごとなできばえには驚きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »