« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月27日 (金)

すすみ具合の2

Dsc02696 木鼻が8個完成(?)したときに撮影した写真です。柱を新調し、ほぞ穴をあける前のものですが、今はこの柱が、先代柱に替わって、本体にとりつけられています。しかし、すすみ具合の1の写真を見ると、小屋根以外、切り出した木材ばっかしの印象で、まだまだ、先の工程の長さを思い知らされた次第です。現在の作業は、小屋根下、水板の彫り物がほぼできたというところですが、早く腰回りを含めて、完成をめざしたいと思い、あちこちに手を加えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

すすみ具合の1

Dsc02689  藤井町の入魂式、起床時間が微妙で、断念しました。

ミニだんじり、Dsc02692 柱交換の進行形、柱の高さ調整のため小屋根を乗せてみました。下からのアングルが本物ぽくって、えー感じ。

 小屋根下、腰回り部材の製材のため、キザミ失敗部材の中から花菱紋の縁板を使おうとして、刻みを間違え、少し短くなりました。これを生かすには、小屋根下寸法の見直しか、縁板の作り直しの二択となります。

 製作開始から1年がすぎましたが、まだ、こんな感じです。大屋根下の部材も作り直しの箇所がいくつか出てきています。そんなんで、手まどっていますが、しゃーないなとも思いつつ、あせらず、こつこつといきたいものです。懲りずに大きめの太鼓も手をつけたいな思っています。まずは部材の調達が先決かと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

木鼻編2

木鼻作製、6体の取り付けを終えました。後2体も彫りの途中で、まもなく取り付け可能になります。こうしてみると結構仕上げが荒いのが気になります。Dsc02684 先はまだまだ長いので、まー、えーかというところです。

残りの作業を大雑把に考えると、小屋根の腰回りに1ヶ月、見送りに1ヶ月、脇障子と大脇、摺り出しに1ヶ月、升合いに1ヶ月、升組に2ヶ月、大屋根に1ヶ月かかるとすれば、年内の完成は当然、無理ということになります。少しは短縮の出来る工程もあるかもしれませんが、最短での完成予定は、来年の2月から3月、あるいは4月くらいでしょうか。遅くとも製作期間、丸2年になる7月までには、完成させたいと思ってはいるのですが、いろいろ製作が進むにつれ問題箇所もでてきたりしますので、どうなることやら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

祇園祭2

日付が変わりましたので、昨日の事になりますが、祇園祭。無事、山鉾巡行が行われたことと思います。巡行の様子は次の機会に生で見たいと思います。祇園祭パート2としましてミニ長刀鉾おみやげ編です。 Dsc02683_1 かわいい長刀鉾です。パート3は来年以降になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火)

木鼻編

木鼻作製を始めて1週間、まだ全て完成していませんが、柱を新調しましたので試しに取り付けてみました。Dsc02675_1 虹梁との組み合わせもまだじゅうぶんでない状態で、まだまだ不十分というところでしょうか。無理かもしれませんが、あと一段スキルアップしたいと思います。Dsc02677_1小屋の腰回りに早くかからなと思いつつ、マイペースですすめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

第3回ミニだんじり展

京都から戻り、なんとかミニだんじり展に駆け込むことが出来ました。Dsc02631 Dsc02605_1 しかし、1mm以下の世界で彫り物ができるという出展者の方々の凄腕には何度見ても関心してしまいます。こんなに細く削って、なんで折れないのか、私の武者はまるで、ガンダムとロバ、不思議です。お気に入りは、この獅子噛。色白なので檜材なのでしょうか、大迫力です。次回番外編はやっぱりこれですね。それから、ツネ矢さんのだんじりプラモのように見えるこれ。このミニだんじりにはDsc02636_1Dsc02646驚きました。スケールは100分の1くらいかな。いつものことですが、製作途中の作品は内部の様子がよく見えるので、たいへん参考になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祇園祭

Dsc02548_1 およそ1100年続く、祇園祭は八坂神社の祭で、大阪の天神祭・東京の神田祭とともに、日本三大祭のひとつです。祭のハイライトは17日に行われる32基の山鉾巡行です。(残念ながら平日なのでテレビのニュースでがまん)巡行は午前9時、四条烏丸から長刀鉾(なぎなたぼこ)を先頭に河原町通を経て御池通へ向います。有料観覧席は1席3,100円(全席指定・パンフレット・日除け帽子付)だそうです。台風一過、15・16日と大勢の人が繰り出していました。宵山では夕方、祇園囃子で雰囲気を盛り上げています。昼間は、観光客が山や鉾に乗れる一般搭乗があります。また、だんじりみたいに試験引きもあるみたいなので、そのときなら混雑もしないかもしれません。山と鉾の違いは屋根の上に松の木があるのが山。鉾は大型で屋根の上に真木があり、高さも25mくらいになるそうです。1枚目は、巡行先頭のお稚児さんの乗る長刀鉾、2枚目は菊水鉾とその車輪(でかい)。 最後は船鉾です。山や鉾の織物を見て、これらの織物は、シルクロードを通じて渡ってきたものやろなとお思いました。Dsc02529 Dsc02530 Dsc02532Dsc02501_1

続きを読む "祇園祭"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

ミニだんじり腰回り編2

Dsc02447_1 4月に小屋根の作製が一息つきました。5月には、10分の1の製作からしばらく離れ、番外編に取り組みました。6月から再開した10分の1、松良、主屋根腰回り、なんとか彫り物すべてに手を加えることができました。これまでのできばえも満足がいくものではありませんが、とりあえず、これはこれで、終わりとして、次の工程に移ろうと思います。次は、小屋根設置に問題(少し短い)を抱えていた、四本柱の取り替え(長いのと交換)を行います。その後、腰回り彫り物2枚目の作製と木鼻の獅子、まー、これだけのことが今月中にできたらいいかなと考えています。(無理かな?)そうすると、残るは、小屋根下部分(見送り含む)と大屋根の完成、大・小屋根の升組。年末完成はどうやろか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

ミニだんじり腰回り編

主屋根下腰回りに苦闘中ですが、とりあえず、腰回り1枚目、残すは縁葛のみとなりました。 Dsc02421_1 そろそろ重ねる2枚目と小屋根下腰回りも切り出し作業に入らないといけないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »