« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月30日 (水)

キジバト君その3

Dsc02314 Dsc02311 キジバト君の続きです。彼は「キジバト君その2」から1週間経過しました。今朝から激しい雨でしたが、夕方見てみると、巣から少し移動し、枝にとまっていました。巣から出たのを見るのははじめてです。すっかり雛から青年のような容姿にちょっと驚きました。まだ、飛べないようですが、この姿を見ると、巣立ちのときもそう遠くないように思います。できれば巣立つ姿を見たいものですが、気がつけば、巣がからになっている、そんなような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

いたすけ古墳の狸くん

Dsc02303以前、新聞やニュースで取り上げられ「いたすけ古墳のたたぬきくん」。2004年12月4日に「泉州のあれこれ」でも紹介をしましたが、残念ながら今日は夏日のような暑さのためか、亀が甲羅干しをしているだけで姿を見ることができませんでした。ウオークラリーの係の人が先ほどまで出てきていましたよと言ってましたので、ご健在なようです。Dsc00424Dsc00420Dsc00390残念ですので、  以前撮影したたぬきくんを紹介 します。当時は見物の人もけっこう訪れていたようです。

Dsc02300また、大鳥大社の菖蒲祭りがまもなく始まります。6月2日(土)3日(日)無料だそうです。フライングの写真ですが、少し咲きはじめていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岸和田駅前の時計

意外と気がつかないかもしれませんが、岸和田駅前交差点にある時計台に、千亀利ライオンズ倶楽部の後旗のついたミニだんじりが展示されています。Dsc02295 展示場所が場所だけに熱とか湿度とかで欅の木が暴れたりしないのでしょうか。ちょっと気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南上町入魂式

Dsc02220Dsc02225Dsc02234Dsc02286平成19年5月27日(日)今年度から旧市祭礼に参入する南上町の入魂式がありました。予定より少し早く岸城神社に到着し、入魂式が行われました。神事後 、お披露目曳航、 本町でのやりまわしをみて、大工町の入魂式の様子を見に行きました。そのあとは、駅前に場所をうつし、駅前交差点の豪快なやりまわしを見物しました。いつもの事ですが、本番さながらのすごい人出には圧倒されてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

我が家のお客その1

Dsc022011枚目は最近羽化したアオスジアゲハです。幼虫は、公園や街路樹などによく植えられているクスノキを食べるので、都会の真ん中でも普通に見ることができるアゲハです。2枚目はアシナガバチです。(歓迎はしていません)写真では見にくいですが、3個の巣がみえています。実は周囲にあといくつかの巣があります。3枚目は今年の写真ではありませんが、去年のクマゼミの抜け殻です。Dsc02212_1 Dsc01348_2 昔、ミンミンゼミの羽化を淡路島に旅行したとき、はじめて見ました。7時頃から背中が割れだし、9時くらいまでかかって真っ白な蝉が出てきたように思います。外での観察は困難なので室内に持ち込んでたまに見る程度の観察でした。トンボも同じ方法で観察したことがあります。自然の中で見るには蚊対策と根気が必要でなかなかできません。時間があればファーブルのようにじっくり観察したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

キジバト君その2

Dsc02207 巣ごもりからやっと巣の中を拝見できるチャンスが巡ってきました。今朝から親鳥の姿が見えません。たぶん捕食のためお出かけ中だと思われます。下から見てもよくわかりませんので、脚立で上って確認すると、なんとすでにかなり成長したひなを発見。1羽だけのようです。 キジバDsc02208トは約16~17日で孵化(ふか)して、雌雄に養われて約15~16日で巣立つとのことだそうです。この様子では、孵化して1週間というころでしょうか。雛の羽毛とキジバトの特徴の羽も見えてきています。 Dsc02210あと1週間もしないうちに巣立つかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

第30回浜寺ローズカーニバル

Dsc02140_1Dsc021515月20日浜寺公園で第30回浜寺ローズカーニバルがあり、 地元の元町のだんじりが展示されました。昭和63年に新調され、もうすぐ20年になるそうです。屋根は入母屋、二重破風。龍の柱巻きがあり、脇障子、小屋根が下だんじりより一段高くなっています。各部には黒檀が多用されていて、台木には彫り物があり、猫木も一体型で、下だんじり的な上だんじり、折衷型です。当日は鳴り物だけで曳航はありませんでしたが、ちょっとだけ移動させたので雰囲気は楽しめました。 バラ園では満開のバラが甘い香りを放って、多くの人出でにぎわっていました。Dsc02171 バラといえば、バラには青い色素が存在しないため交配で作ることは不可能とされ、人類の夢でもあDsc02139った青いバラ。S社が遺伝子組換え技術を用いて実現したようですが、遺伝子操作をしたものは一般にはでまわりません。ここのバラ園には、その一歩手前ともいえる交配品種の紫のバラがたくさんあり、青いバラの印象を伝えてくれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

だんじりグッズパート1

Dsc02122_1 ごぞんじ、だんじりファイター清原くんです。だんじり会館販売のとは、ちがっていまして、オリックスバージョンのボールペンです。耳に輝くピアスは、ねつけタイプとおんなじです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

イリュージョンパート1

たいそうなお題目で恐縮です。写真を見てください。物体浮遊術、魔法のほうきのミニチュアが(マッチ棒でもえーねんけど)見事に浮かびあがりました。大Dsc02120成功。わたしもいよいよマジシャンデビュー?きっと、ハリーポッターの映画をよー見てたから、でけたんにちがいない、たいしたもんや、と、自画自賛。手品も、えーもんやなと思います。次は、びっくりしたらおっきくなる耳に挑戦しましょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あれこれパート1

こんな発見をしました。写真はDsc02103「 とくさ」といいます。日本庭園などで水辺によく植えられているシダ科の植物です。通常は分岐せず、1本ですーとした姿をしていますが、このとくさは、分岐して、花?が咲いている?つくしがくっついているみたいです。調べてみるとつくしもトクサ科の植物でした。トクサは、どことなく、すぎなに似ている印象を持っていましたが、つくしと仲間だったんだとはじめて知りました。「トクサ」も知らない人の方が多いかもしれませんが、トクサの「と」は「砥石」の「と」で、「砥草」は砥石の代用の草の意味だそうです。茎は昔、木工品などを磨くのに使われていたそうです。さわると結構、ざらざらしてます。ミニだんじり作りにサンドペーパー代用として活用できないかな?蛇足ながら、畳の材料の「イグサ」と「トクサ」は違いますので念のため。

続きを読む "あれこれパート1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

キジバト君その1

我が家には時折、野鳥が訪れます。一番多いのがすずめ君。秋ごろ、団体で屋根の上でよくご休憩されます。むくどり君も集団でお越しになります。ヒヨドリ君はいつもつがいで訪問してくれます。でもこの三種類は、けっこうあつかましく、あまり歓迎していません。一番かわいのはメジロ君で、3月ごろよくやって来ます。きれいな鶯色で目の周りが白くかわいい鳥です。(鶯色といいながら鶯はそれほどきれいではありません)また、節分の豆をまくと、翌朝はと君がよく豆を食べにきていたこともありました。10数年前に一度、キジバト君が営巣し、ヒナがかえったことがありました。残念ながらそのときは、ある日突然ヒナたちがいなくなり、巣立ちを見るにいたりませんでした。去年の冬、落葉した木に小枝を組んで巣がつくられていたのに気づきました。どんな鳥なのかわかりませんが、営巣していたようです。今回やっと、その正体が判明しました。正体は帰ってきたキジバト君2号です。Dsc02100_1 そういえば、去年の夏ごろ、はとの鳴き声がよくしてたような記憶があります。今度こそ、巣立ちのときを見たいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

春木本町入魂式

GW後半初日の5月3日、春木本町の入魂式。いつもより早く起きて弥栄神社までいってきましたが、ギャラリーが多くてまるで祭りのときのようです。場所をラパーク前に移してやり回しを見ようとしましたが、ここもすごい人でいっぱいでした。写真1枚目、2枚目は弥栄神社にて、3枚目は、ラパーク前で もちまきをしたときに写した本町の二重見送りです。Dsc02078Dsc02064 Dsc02082

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

ミニだんじり番外編その4

Dsc02045 番外編もすべてのパーツがそろったというところです。飾り台はシンプルにしました。ちょっと台の背が高いかなと思っていますが、まー、えーかとも思っています。三本槍はセロテープでの仮止め状態、ねじでの固定がいいのか、木工ボンドで接着したほうがいいのか、思案中。あと少し彫りをすすめたら、できの悪さは、さておいて、とりあえず「完成」といたします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »