« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月29日 (木)

10分の1ミニだんじりスタートその42

まー、えーか、と妥協しながら、小屋根の完成も近づいてきました。しかし、手直しが多くパーツの刻み直しもしています。Dsc01824_1 1枚目は左側垂木のすすみ具合です。右側は破風とつながる横板の作り直しのため、止まっています。しかし、きちんと角をつけるのははっきり言って私には出来ません。それなりにいくしかないように思いいます。まー、そんなにひどくはならんと思いますが、少しくらいの隙間も妥協の域と思うようになりました。Dsc01820 次の工程のため、屋根板を並べて雰囲気を確認しました。こんなもんでしょうか。屋根板も溝の刻みで使えそうなのを選んだら、これくらいしかありませんでした。追加切り出しが必要です。3枚目は、箕の甲につながる外枠の調整のため、雰囲気確認をしてみDsc01827 たところです。小屋根はもう一息ですが、全体の完成には、まだまだ先が見えてきません。升組、ドロ幕、見送り、大屋根etcですね。大物ばかりですが、マイペースですすめたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月25日 (日)

10分の1ミニだんじりスタートその41

Dsc01801 またまた出ました、ひらたクワガタ?。どうしてもそう見えますね。ぼちぼちと小屋根製作を進めています。Dsc01804 二重垂木の取り付けでは切り欠き精度の不正確さで、あまりのできばえとなってしまいました。写真は、取り付け途中の1枚ともう少し進んだ1枚。Dsc01812 後は箕の甲に刻みを入れて枠をつけたら(45度の角合わせが問題です)屋根板がはれます。どの程度作り方にこだわり、どこで妥協するか、最近妥協が早いので、もうしばらくで完成するかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月17日 (土)

10分の1ミニだんじりスタートその40

小屋根の製作の続きです。ここに至るまで全体の歪み解消にかなり時間をかけてしまいました。Dsc01781 Dsc01785隅木の製作は、あたりの部分に印を付けて切り欠くということを繰り返しました。これしか方法はないと思います。なんとか収まったようですので、後は、隅木に彫り物を簡単につけて、垂木の取り付けに移ります。残る作業は、箕甲の刻みと取り付け、垂木の取り付け、屋根板張り(溝掘りもあるなー)、箱棟と鬼板を取り付けたら、なんと小屋根は完成となります。

小屋根完成後は、大屋根の不具合修正にうつります。屋根が前後に長すぎるのと、全高が少し高いように思うのでその辺を考えていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

10分の1ミニだんじりスタートその39

Dsc01767 Dsc01765 Dsc01772作製を始めて数えるところ後1週間で8ヶ月目に突入いたします。10分の1モデルの製作スピードは、組み立てのための微妙な調整でやや失速気味。しかし、小屋根もなんとか形が見えてきてあと少し?となってきました。彫り物もそろそろ妥協しながらのできばえでえーなと思いはじめ、現在、小屋根のスケルトンモデル状態、右側は長さの調整中 。仮組立のため、テープで固定し、一部のパーツはじゃまなのではずしています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »